本文へスキップ

「とんぼスタジオ」はプロの漫画家だけの「漫画」に特化した漫画制作事務所です。

電話でのお問合せはTEL.03-0670-0230

〒178-0062 東京都練馬区大泉町1-15-7

ギンヤンマのBlog

「とんぼスタジオ」で漫画制作の指揮を執っている高橋です。子供の頃、ギンヤンマが大好きでした。そんな私がほぼ毎日書いている落書きのようなエッセイのようなブログです。

   2021年6月22日(火)「大谷選手がものスゴイ」
MLBのエンゼルス大谷選手の活躍が凄すぎる。まるで漫画の世界を見ているようだ。昨日打った23号本塁打は両リーグのホームランダービータイ記録である。しかも彼はピッチャーでも大活躍をしているのだ。こんな選手、今まで見たことがない。オールスター戦前のアメリカでも大注目の選手である。
贔屓のジャイアンツより大谷選手の方が気になってしかたがない。がんばれ大谷!
  2021年6月21日(月)「選手村での飲酒ルールについて」
オリンピックの選手村における居室でのひとり飲酒は認めることになった。しかし、居室内に一人なのか複数人なのかどうやって確認するのだろう。また、ルールに違反したらどうなるのだろうか。
こうした細かな問題はたくさん出てくるだろう。複数はダメで個人ならOKなどとはせず、わかりやすく「選手村では飲酒厳禁」とすればよいではないか。ルールを守れなかったら選手村を出てもらえばよい。ルールは複雑にしないことが肝要でしょ。
  2021年6月20日(日)「PV中止の決断が遅すぎる」
小池知事がオリンピック期間内のPVを中止すると発表したが、どうしてもっと早く決断できなかったのだろうか。感染拡大を防ぎながらの開催となることは分かり切っているのに、他の思惑があったのか。
それにしても、すでに代々木公園の木を切ったり直前までPVのための運営を推し進めていたわけでしょ。もし来月の都議会選挙を睨んでの決断だったとしたら、都民を蔑ろにしていると思われても仕方がないだろう。
 2021年6月19日(土)散歩コースにスズメバチの巣」
散歩のコースにスズメバチが巣を作ったので、公園を管理する区がテープを貼って通行禁止としたために通れなくなってしまった。野鳥がたくさんやってくるところなのでとても残念だ。 
2021年6月18日(金)「原稿を読むだけなら誰でも総理が務まる」 
菅総理が官邸で記者会見を行い、新コロの感染拡大に伴う緊急事態宣言に関して質問を受けた。相変わらず下を向いて原稿を読んで答えている。前もって質問を受け付けておいて、答えやすい質問に対して官僚が解答を書いて菅さんに渡す。彼はそれを読むだけだ。つまり、菅さんの答えではなく官僚の答えである。
読むだけなら誰でも総理が務まるぞ。
2021年6月17日(木)「宣言解除からまん防への移行で決まり」
20日に宣言を解除し、その後はまん防に移行するらしい。解除しようが延長しようが、これ以上人流を抑えることは難しいだろう。人々はオリンピックが開催されるなら新コロをそれほど案じることもあるまい、と思っているからだ。
それにしても、今一つよくわからないのが「緊急事態宣言」と「まん延防止等重点措置」の違いだ。宣言解除からまん防移行といっても宣言の延長と同じじゃないの。ほとんど効果は望めないと思うが。
 2021年6月16日(水)「G7で独りぼっちだった菅さん」
イギリスのコーンウォールで開催されたG7が終了した。菅さんがひとりディスタンス状態だったらしい。寂しいものだ。国益も担っているんだから積極的に他の首脳に話しかけていけば良いのに、やはりダメか。国の代表たる者、ディベートが得意でなきゃダメだね。
 2021年6月15日(火)「この時期に病床拡大を図るべきなのに
 緊急事態宣言が発出される理由に病床不足による医療の逼迫が上げられる。それなら、今の時期に病床確保を進めればよいと思うのだがやらない。都も政府もだ。しかし、医師会が協力すればできるはずである。ということは、病床拡大を阻害しているのは医師会なのか。
病床数が世界一多く、コロナ感染者が突出して少ない日本で医療崩壊が危惧される理由が医師会にあるような気がする。
 2021年6月14日(月)「北に人民全員分のワクチン提供を要求する国会議員がいるとは呆れた」
 11日、参議院の北朝鮮による拉致問題の関する特別委員会で、立憲民主党の森裕子議員が「日本にある新型コロナウィルスの余剰ワクチンを北朝鮮に提供したらどうか」と提案したそうだ。かの国は感染者ゼロを公言しているのに何を言っているのか理解不能だ。
森議員は北朝鮮の人民全員分のワクチン提供を要求って、大丈夫かこの議員は。これは森議員個人としての意見なの、あるいは党としての考えなのか。
 2021年6月13日(日)「底打ち感が出てきた」
昨日の都の陽性者数が一週間前より少し増えた。一日だけでは判断できないが、減少傾向にやや底打ち感が出てきたかも。
新コロが流行してから不要不急の外出も会食も一切行っていないという都民がほとんどだと思う。しかし、もう我慢の限界である。オリンピックが開催できる状況であることとワクチン接種が進んでいることから、少しずつ普段の日常に近づきつつあることは否めないでしょう。
 2021年6月12日(土)「オリンピックができるほどに安心安全なら規制は解除でしょ」
政府の考えでは、オリンピック開催は揺るぎない決定事項のようだ。中止することはまったく考えておらず、観客を入れるかどうかだけが思索中というわけである。ということは、東京などはオリンピックができるくらいほぼ安心安全な状態であるということだ。政府の説明からはそう解釈できる。
それならすべての規制を解除して、以前の生活をしても良いことになる。しかし、官房長官などは宣言解除後もまん防を継続する気でいる。この矛盾をどう説明するのか。
 2021年6月11日(金)「国産ワクチンの量産へ」
塩野義製薬が年内に最大3000万人分のワクチンを量産すると発表した。国産ワクチンには大いに期待したい。たしかにワクチンは有効だが、できれば早く治療薬も開発して欲しいものだ。治療薬とワクチンのセットで新コロに対処できると考える。
 2021年6月10日(木)「不毛の菅総理対4党首討論会」
菅総理と野党4党代表による党首会談は、非常に白けた不毛な討論に終わった。菅氏は野党の質問に一切答えず、オリンピックを契機とした感染拡大の懸念に対する指摘に対しても「安心安全な大会」を繰り返すだけであった。
彼はそもそも「討論」という意味が分かっていないのではないか。持論を戦わせずに受け流すだけの討論会は無意味である。
 2021年6月9日(水)「昨日も今日も暑い日が続く」
昨日は真夏のような暑さで、さすがにマスクは息苦しかった。今日も同じように暑くなりそうだ。
ところで気温が上がるとウィルスの活動が弱まると言われているが、新種株もそうなのだろうか。ワクチン接種も進んでいるし、早く平穏な日が訪れてほしいと願っているが果たしてどうなるのだろう。
オリンピック開催の時期に感染状況がどうなっているものか心配だ。
  2021年6月8日(火)「日本のスポーツ界が強くなっている」
 山縣選手が男子100メートルで9秒95の日本新記録を出したのには驚いた。それと、ゴルフの笹生選手が全米女子オープン選手権で優勝したこともすごく驚いたぞ。なんか、オリンピックに向けて風が吹いているような気がする。オリンピック開催が良いのかどうなのか判らないが、日本のスポーツ界が全体的に強くなってきていることは確かだ。
メジャーで活躍する大谷選手もかなりスゴイぞ。
  2021年6月7日(月)「陽性者はたしかに減ってはきたが」
 東京の陽性者が減ってきた。数字だけを見て軽々に判断することはできないだろうが、緊急事態宣言前の逼迫した状況からは脱しつつあるように感じる。オリンピックの開催がどうなるかわからないが、陽性者数が減ってきたこととワクチン接種が浸透してきたことから政府は中止する気はないだろうと思う。
それなら、オリンピック期間中に増える思われる陽性者の受け入れ医療体制を整備しておく必要があるのではないのか。仮に爆発的な感染拡大は避けられたとしても、海外からの人流が感染拡大を助長するのは必至であろう。
  2021年6月6日(日)「練馬は野鳥の宝庫」
散歩をしていると、樹上から「コンコンコン」という打楽器のような音がした。見上げると木の葉の隙間からコゲラが見えた。久しぶりに見るカワイイ姿につい顔がほころんでしまう。よく見るとちょっと小さい。もしかするとこの春に生まれたばかりかな。
カルガモの子供たちはだいぶ大きくなった。
  2021年6月5日(土)「日本の素早い行動に驚きと拍手」
昨日、台湾に日本からのワクチンが届けられたようだ。政府の素早い行動には、驚きとともによくやったと拍手を送りたい。
できれば、国内の新コロ対策もこれくらい迅速に行ってほしいものだ。
  2021年6月4日(金)「台湾にワクチン供与」
政府は台湾に対して英国製アストラゼネカのワクチン約124万回分を提供すると決めたようだ。これは良い判断だと思う。台湾は東日本大震災の際に義援金約200億円を送ってくれたし、日本が困っているときになにかと手を差し伸べてくれた友好国である。今回はワクチン購入に難儀をしているようなので、なんとか助けてあげて欲しい。
   2021年6月3日(木)「今日から宣言延長に入る」
このままいけば来月にはオリンピックが開催される。本来なら楽しみなイベントだが、新コロの影響から開催中止の可能性もある。このようなパンデミック禍で行われることはあり得ないと思うのだが、中止を求める声が大きいわけだし政府は開催可否の基準を示すべきだと思う。数値で示せば分かりやすいだろう。
   2021年6月2日(水)「日本で変異株誕生の可能性もゼロでない」
オリンピックで海外からやって来る10万人が国内で感染を拡大させるのでは、と心配する方がたくさんいるようだ。もちろん、そうした懸念はあるだろう。逆に、もし日本で新たな変異種が発生して感染拡大してしまったら、海外選手たちが感染して日本株が世界中に広まってしまうことも有り得るわけだ。そうなると日本は変異種の戦犯になってしまう。
インド型と英国型のハイブリッド変異株がベトナムで発見されたようだが、日本で変異株が誕生しないとも限らないのである。
   2021年6月1日(火)「今日から宣言延長に入る」
今日から「衣替え」だということも忘れて延長に入るわけだが、この緊急事態宣言はいつまで続くのだろうか。ワクチンがある程度普及するまで続くのかもしれない。とすれば今年いっぱい続くのかな。仮にオリンピックが行われたとして、期間中は解除されたとしてもその後はまた自粛宣言することになるだろう。もういい加減疲れた。
 



xxxxx