漫画制作に関する知識と情報
漫画とは
HOME漫画制作に関する知識と情報>漫画とは
 漫画の認知度がさらに高まり皆様のお役に立てれば幸いです。
 漫画は費用対効果の高いツールなので、小冊子や広告等にご活用いただけ
 たら非常に嬉しいです。

そもそも「漫画」とは?
マンガ制作の実績のサンプル1
絵の見本
社史
自分史
小冊子の作成
楽しい歴史マンガ/電子コミック
北斎漫画について
日本漫画の歴史
単行本/「電気回路」
単行本/「太陽電池」
用語の解説
高橋達央のオフィシャルサイト
髙橋達央の似顔絵
「漫画」の定義 
「漫画」には1コマ漫画や4コマ漫画、ストーリー漫画
 などがあり、さらにストーリー物でもギャグやSFや
 学園物、格闘物など様々な分野がある。
 したがって、これが「漫画」であるという一括りの
 定義はないが、絵にストーリー性を持たせて展開させ
 る媒体、というところだろうか。

「漫画」の語源 
 中国語の「漫筆」から派生したようだ。
 1798年発行の絵本「四時交加」の序文には、山東京伝
 により「気の向くままに描く」という意味の言葉と
 して「漫画」が使用された。
 つまり、「漫画」という文字を発明したのは山東京伝
 ということになる。
 その後、1814年には葛飾北斎の「北斎漫画」により、
 戯画風のスケッチを指す「漫画」という言葉が
 広まった。

「漫」という文字には「気軽な」とか「滑稽な」などの
 意味があり、北斎の「漫画」は絵の面白さを表した
 ものであって物語については関連性はない。
 現在の「漫画」は物語とセットとなっているので、
 北斎漫画の進歩形と考えてもよい。

「comic」について 
 明治時代に「caricature」や「cartoon」という英語が
 輸入されると、今泉一瓢がその単語に「漫画」という
 訳を付けた。
 そして、北澤楽天は「comic」という英語に「漫画」と
 いう訳を付けたのである。
 その後、「comic」の意味は「漫画」ということで
 定着し現在に至っている。

ギ音 
 独特の表現に「ギ音」がある。
 これは音や感情などを描き込む文字のことで、
「書き文字」ともいう。
 たとえば「ガンガン」とか「ゴオオオオ~」などで
 ある。
 これによって臨場感が際立ったり心理描写を巧みに
 表現することができる。
 使い方を工夫することで様々な効果が期待される。

ストーリー 
 ストーリーにはよく起承転結が入ってどうのと言われ
 るが、拘ることはない。
 むしろ、起承転結を壊して独自の展開ができる方が、
 先が読めなくて面白い物語ができるというものだ。
 冒頭の数ページで先が読めて結論が分かってしまう
 物語ほどつまらないものはない。
 ストーリーは小説や映画、テレビドラマの作りと
 ほとんど同じである。
ご依頼やご質問は
TEL.03-6760-0230
MAIL takataka1123@office.nethome.ne.jp

HOME漫画の効果4コマ著作権広告マンガSiteMap
とんぼスタジオ

All Copyright(C)Tombo Stadio
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁じます。