マンガ制作のとんぼスタジオ
tombo studio  制作実績  制作費    携帯へリンク
「なつ漫」は時代の映し鏡/漫画制作のとんぼスタジオ
なつかしい漫画情報/とんぼスタジオ
 HOMEなつかしい漫画情報>少年誌は「なつ漫」の宝庫(4)
少年誌は「なつ漫」の宝庫(4)
 戦後の子ども漫画は、月刊誌を主流としてスタートした。
 手塚治虫の登場と、彼に刺激された戦後の漫画家たちが、新たに創刊された多くの
 漫画雑誌で活躍する。
 そして、私たちの「なつ漫」の多くが、この頃に生まれた。

子ども漫画大ブレークの時代
漫画制作
自分史
イベント
企業
4コマ
単行本
商品紹介
ペットの似顔絵
北斎漫画について
日本漫画の歴史/広告マンガ制作のとんぼスタジオ
漫画制作講座
デジタルコミック/「きらめく星座」
楽しい歴史/電子コミック
デジタルコミック/「笑う門には福来たる」
単行本「電気回路」
●寺田ヒロオ
「スポーツマン金太郎」はほのぼのとした野球漫画だった。
 赤ちゃんみたいな金太郎が、巨人軍に入団して強打者の王選手や
 長嶋選手と一緒に野球をやる話だった。
 ピッチャーの金太郎が投げると、友だちの熊がキャッチャーで
 ボールを捕っていた。
 桃太郎も登場してキジやサルを連れて南海に入団していた。

 寺田ヒロオの「暗闇五段」は、視力と記憶を失った柔道家
 倉見五段が主人公だった。

 いずれもまじめな作りで、作者の人間性が伝わってくる漫画
 だった。
 寺田ヒロオは、トキワ荘で石ノ森章太郎や赤塚不二夫に影響を
 与えた人でもある。


●関谷ひさし
 寺田ヒロオと同じころに活躍した漫画家に、関谷ひさしがいる。
 関谷ひさしの「ストップ!にいちゃん」は、雑誌「少年」が休刊
 になる最後まで、手塚治虫の「鉄腕アトム」とともに、「少年」
 を支えていた漫画である。
 なんとも楽しい、そして優しさが伝わってくる漫画だった。

 最近では、このような漫画は雑誌で見なくなってしまった。
 出版社の考えもあるのだろうが、こうした漫画があってもよいの
 ではないかと思う。

 中学生の南郷勇一と弟の賢二、さらに隣に住む勇一の同級生
 サチコが繰り広げる学園漫画だった。
 勇一はスポーツ万能で勉強優秀だがサチコにだけはからっきし
 弱い。
 いかにも学園漫画っぽい設定である。
 話も、平凡な普段の日常生活を描いている。
 それでも、面白いものは面白いのだ。


●貝塚ひろし
「くりくり投手」は福井英一の「イガグリくん」の影響を受けて、
 柔道漫画を野球に置き換えて描いたといわれている。
 主人公の栗山栗太郎の、ストイックな性格が思い出される。
 曲がったことが大嫌いで、心優しい少年だった。
 当時は、こうした分かりやすい性格のキャラが多かった。

 貝塚ひろしは、野球漫画が得意で、「ミラクルA」という野球
 漫画も描いていた。
 この漫画は、寺田ヒロオの「スポーツマン金太郎」のように、
 主人公の郷投手が巨人軍で活躍するという内容だった。
 巨人軍の秘密兵器・郷投手の、「秘球ジェット快球」は凄かった
 ぞ。
 ところが、この秘球ジェット快球は、足のけがのために1試合で
 たった2球しか投げられなくなってしまった。
 その後、「第二の秘球スモーク快球」というのを編み出すんだ
 よね。

「ゼロ戦レッド」も懐かしい漫画だ。
「0戦太郎」や「紫電改のタカ」「大空のちかい」同様、子どもの
 頃にワクワクしながら読んだ記憶がある。


●川崎のぼる
 「野球漫画」といえば、誰もが「巨人の星」とくるだろう。
 それほど、みんなが夢中になって読んだ漫画である。
 また、アニメ化されていたので「巨人の星」を知らない人は
 ほとんどいないだろう。

 私も野球をやっていたので、この漫画の虜になった。
 TV放映のある日は、部活が終わるとすぐに帰宅して、テレビの
 前でかじりつきになって観ていた。
 面白かったなぁ。
 主人公星飛雄馬が、父親から装着された大リーグボール養成
 ギブスは凄かった。
 あれで豪速球が投げれるなら、と私もエクスパンダーという
 スポーツ器具を代用して試したことがある。
 ところが、バネが皮膚を挟んで痛くて痛くてやめてしまった。
 それに肩が痛くなったのを覚えている。

「いなかっぺ大将」は劇画タッチのギャグ漫画だった。
 青森から東京へやって来た大左エ門(通称・大ちゃん)という
 子どもが主人公で、柔道が得意だった。
 動物の言葉が話せる大ちゃんが、猫のニャンコ先生に
「キャット空中3回転」を伝授されるんだよね。


●水島新司
「巨人の星」同様、野球好きは必ず読んでいるのが「ドカベン」で
 ある。
 それまでは野球の主人公といえば「ピッチャー」か「バッター」
 だった。
 ところが、野球通の水島新二は、「キャッチャー」という、
 どちらかというと地味なポジションにスポットを当て、主人公に
 据えたのだ。

 ドカベンこと山田太郎は、明訓高校のキャッチャーで強打者で
 ある。
 彼の剛打と軟投投手里中の活躍で、甲子園で大活躍する漫画
 だった。
 また、脇役がよかった。
 いつも葉っぱをくわえている岩城は、ときに主人公を食って
 しまうほどの活躍っぷりだった。

「あぶさん」では、代打にスポットを当てて描いていた。


●石川球太
 当時、動物漫画の第一人者だったのが石川球太だ。

「狼少年ケン」や「牙王」「魔犬ムサシ」「動物記」「銀狼伝」
 など、たくさんの動物漫画を描いている。
 少年サンデーに連載された「原人ビビ」は古代を扱った漫画で、
 生きるために殺し、食べるために殺すといった、少年誌らしく
 ない内容だった。

 獲物を求めて流浪する原人たちがいて、白い牙と呼ばれる狩人の
 一族に、白い肌の不思議な子どもビビが生まれた。
 その子どもを主人公とした漫画だった。


●永島慎二
「漫画家残酷物語」は、発売当初に読んだわけではない。
 大学を卒業し、永井豪先生のダイナミックプロダクションに
 入ってから、西早稲田の本屋で買って読んだ。
 40年前である。
 当時は、漫画家を志した上京してきたばかりで、「漫画家残酷
 物語」を読んでいたら、登場人物たちと自分がダブっちゃって、
 思わず泣いてしまったことを思い出す。

 この漫画は、永島慎二自身の体験を漫画化したもので、内容が
 事実だったから説得力があった。

 おそらく、この漫画を懐かしく思う人は少ないと思う。
 しかし、私にとっては、1ページ1ページが、すべて懐かしい
 思い出なのだ。

 この漫画を再読するとアシスタント時代のことが思い出される。


●村野守美
 大学時代に夢中で読んだのが村野守美の漫画だ。
 そして、私がもっとも影響を受けた漫画家である。
 ダイナミックのアシ時代には、村野守美の単行本をすべて買い
 揃えて読んだ。
 青林堂から出版された、通称「弁当箱」と呼ばれたハードカバー
 の本もすべて買って読んだ。
 しかも、先生のサインの入った限定本まで注文して買った。
 正直、私は村野守美オタクである。

 そのオタクが進めるナンバーワンの漫画は、「草笛のころ」だ。

 ごく平凡な田舎のとりとめもない話だが、琴線を激しく揺さぶら
 れた。
 読んでいると、田舎の草の香りが漂ってくるのだ。
 広がる雲が、優しく大地を包んでいく。
 そんな、叙情的な雰囲気を醸し出す漫画である。

「ほえろボボ」は、野良犬の子犬が、厳しい社会の中で成長しなが
 ら生きていく様子を描いた漫画だ。
 人間社会を犬社会の置き換えた内容だった。
 なにしろ、絵がいい。線が綺麗なのだ。構図もいい。
 話もいい。
 すべて大好きである。


●園山俊二
 もう一人、私が大好きでたまらない漫画家がいる。
 園山俊二だ。
「ギャートルズ」は、弱肉強食の原始時代にバイタリティーあふれ
 た人間の祖先たちの生活を描いた漫画だった。
 単純な線で描くナンセンスギャグでめちゃくちゃに面白かった。
 今でも、登場人物たちの叫び声が聞こえてきそうである。
 マンモスの足の輪切りなど、今でも園山俊二の描く絵ははっきり
 と覚えている。
 強烈な絵だったなぁ。

「ぺエスケ」や「ガタピシ」もよかった。

 銀座の松坂屋だったと思うが「園山俊二展」を見に行ったことが
 ある。
 たくさんの人が見に来ていた。
 そこで、彼の原画が展示されていたのだが、切り貼りの原画が
 あったことを覚えている。
「ギャグ漫画なんだし、切り貼りなどせずに描き直すしても、
 さほど時間もかからないだろうに」と、思ったものである。
 それほど、園山俊二という人は、自分の描いた絵を大事にして
 いたのだろう。

 そのときに買った「ぺエスケ」の文庫本全8巻が、本棚の目立つ
 ところに入っていて、今では娘さくらの愛読書になっている。


●谷岡ヤスジ
 園山俊二に勝るとも劣らないほど強烈だったのが谷岡ヤスジだ。
「ヤスジのメッタメタガキ道講座」は「少年マガジン」に連載され
 たが、少年誌に載せるにはあまりにもハチャメチャで強烈
 だった。
 屋根の上で「鼻血ブー」とか「アサー」と叫ぶシーンは、もの
 すごく印象に残っている。
 ギャグの鬼才だと思う。


●つげ義春
 つげ義春は、大学時代に読んだ。
 子どもの頃の「なつ漫」ではないが、読んでいて無性に古めか
 しいような、懐かしい感じのする絵だった。

 ところが、途中から絵のタッチがどんどん変わっていった。

「ネジ式」は有名だが、さほど感動するようなものではなかった。
 むしろ、「李さん一家」や「無能の人」が面白い。
 とくに、「無能の人」はよかった。映画化もされた。

 つげ義春の漫画は、私の大事な愛読書である。
 何度読んでも、新たな感動があるのだ。


●小沢さとる
「サブマリン707」は、海上自衛隊の潜水艦の活躍を描いた漫画
 だった。
 それまで、海をテーマに描いた漫画家は少なかったので、もの
 すごく新鮮な気持ちで読んだ記憶がある。

「サブマリン707」というのは、海上自衛隊の旧式潜水艦
 707号「うずしお」のことで、速水艦長は大戦中に伊号潜水艦
 で活躍した経験がある。
 サブマリン707号は太平洋で起こる怪事件を解決するために
 戦う。
 たとえば、ムー大陸を支配したアメリカの潜水艦やU結社という
 世界征服を企む組織が相手だった。

「青の6号」も、同じように潜水艦物だった。


●バロン吉本
 バロン吉本も潜水艦漫画を描いている。
「どん亀野郎」は、リアルな描写が素晴らしかった。
 海もよかったなぁ。
 しかし、バロン吉本といえば、なんといっても柔道を扱った
「柔侠伝」である。
「柔侠伝」「昭和柔侠伝」「現代柔侠伝」「日本柔侠伝」と
 シリーズになっていた。

 私の知り合いが、バロン吉本のアシスタントをしていた。


●久松文雄
「スーパージェッター」はカッコよかった。
「流星号応答せよ!」というセリフは懐かしい。
 30世紀の未来からやってきたタイムパトローラー・ジェッター
 が、流星号の時間渡航装置が故障したために戻れなくなって
 しまったのだ。

 久松文雄の描く絵はシンプルで奇麗だった。
 どちらかというと、手塚治虫に似ていたように思う。
 個人的には手塚治虫より久松文雄の描く人物が好きだった。
 暖かかったように思う。

「冒険ガボテン島」は、南海の無人島で力強く生き抜く少年たちの
 活躍を描いていた。
「十五少年漂流記」をモチーフにした漫画だったが、「スーパー
 ジェッター」より好きだったなぁ。
 男の子って、基本的に冒険が好きだよね。


●松本零士
「ララミー牧場」は松本零士の漫画でもっとも好きな漫画だった。
 西部劇のシーンがものすごい迫力で展開されていた。
 当時としてはマイナーだったかもしれないが大好きだった。
 漫画の中の白っぽい空間が印象に残っている。

 もちろん「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」も大好きだ。
「宇宙戦艦ヤマト」はTVアニメ化され、波動砲という武器や、
 ワープという時間を跳ぶ装置が話題になった。
 松本霊士は、たくさんのSF漫画を描いている。


●望月三起也
 少年キングで連載した「ワイルド7」はバイクアクションが
 凄かった。

「悪を討つためには悪をもって制す」、これがモットーに警察
 組織内に作られた無法者部隊が「ワイルド7」だった。
 ということで、メンバー全員が札付きのワルである。
 そのワルが7人いる。
 だから「ワイルド7」である。
 その7人が白バイ警官となり、法では裁ききれない悪党を
 やっつけるという筋立てだった。

 「秘密探偵JA」も面白かったなぁ。
 絵が上手いのには関心させられた。
 望月三起也は、サッカー好きでも知られている。


●本宮ひろし
 少年ジャンプに連載された「男一匹ガキ大将」は、ものすごく
 大きなスケールで「男」を描いていた。
 絵はさほど上手くはなかったが、荒々しい線が逆に発展途上の
「男」を 際立たせていたように思う。

 当時、急速に売り上げを伸ばした少年ジャンプだったが、
「男一匹ガキ大将」の貢献大であったことは間違いない。

 私が感心したのは少年誌で「商売」について描いていたことだ。
 とくに株などについて少年誌で展開するとは…、う~んスゴイ。


●さいとうたかを
 「無用ノ介」は、浪人の賞金稼ぎを描いた劇画だった。
 リアルな時代劇でとくに刀の動きの描き方に特徴があった。
 背景も上手いし、ものすごく臨場感のある漫画だった。

 当時の週刊少年マガジンの柱は「巨人の星」「あしたのジョー」
 そして「無用ノ介」だった。
 いずれも、面白い漫画だった。

「無用ノ介」は、隻眼の賞金稼ぎだった。
 賞金稼ぎといえば西部劇を想像するが、この漫画も話の組み立て
 は西部劇そっくりだった。
 砂ぼこりが舞い上がって、村の外れから悪党がやってくる、
 などというシーンはまるで西部劇だった。
 野良犬が登場して、その後のシーンで賞金稼ぎの無用ノ介が登場
 する。
 こうした演出も西部劇だ。
 TVでは、無用ノ介を伊吹五郎が演じていた。

「サバイバル」は、大地震で文明が崩れ去った中をサトルという
 少年がどう生きていくかというサバイバルを扱った漫画だった。
 すごくタメになった。


●藤子不二雄
 藤子不二雄はたくさんの名作を描いてきた。

「忍者ハットリくん」は、伊賀の里からやってきたハットリ
 カンゾウという少年忍者が主人公で、「ケン一」氏の家に居候
 していた。
 そして、忍法を使って様々な事件を解決していくという漫画
 だった。
 しかし、話の根底は友情漫画である。
 藤子不二雄の漫画に共通するのは友情を描くということだった。
 それは「おばけのQ太郎」や「パーマン」「怪物くん」
「どらえもん」など、ほとんどの藤子漫画に共通している。

「おばけのQ太郎」は、Q太郎というお化けが主人公で、アメリカ
 お化けのドロンパというのが出ていた。

「パーマン」は、マントがないと空を飛べなかった。

 それにしても、藤子不二雄はヒット作が多い。
 そして面白い。
 多くの読者が藤子不二雄を支持するのは、彼ら(2人の合作)が
 描く漫画が友情漫画であって、底流に「優しさ」があるからだと
 思う。

 漫画はかくありなん、と思う。


●その他
 たくさんの漫画と漫画家を紹介してきた。
 まだまだ全然書き足りないが、キリがないのでここで区切りを
 付けたいと思う。

 また、少女漫画家たちもたくさんの「なつ漫」を描いているが、
 私が読んだものとしては、どうしても少年ものが多くなって
 しまう。
 懐かしい少女漫画といえば、「アタックナンバー1」や
「金メダルへのターン」「ベルサイユのばら」などたくさんある。

 後日、機会があるごとに紹介していきたいと思う。

    「なつ漫」は時代の映し鏡 
  軍国主義に利用された戦前漫画
  貸本漫画が戦後に活力を与えてくれた  
  新聞漫画と政治漫画
  少年誌は「なつ漫」の宝庫(1)  
  少年誌は「なつ漫」の宝庫(2)
  少年誌は「なつ漫」の宝庫(3)
  少年誌は「なつ漫」の宝庫(4)
  漫画はどこへいくのか

漫画制作制作の流れサービス案内漫画の効果漫画の活用広告マンガお問合せ
制作費 ご依頼準備について事務Blog制作の実績SiteMap

漫画情報  ●プライバシーポリシー  ●練馬区大泉町  ●漫画サンプル

    とんぼスタジオのロゴ     
   とんぼスタジオ 
     〒178-0062東京都練馬区大泉町1-15-7 tel/03-6760-0230
  
          takataka1123@office.nethome.ne.jp

All Copyright(C) 2010 Tombo Studio
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁ずる。