TomboStudio マンガ制作のご依頼準備 主なマンガ制作の実績
サービス案内 完成するまでの行程 漫画制作 情報 費用について 事務所概要 お問い合せ
漫画の描き方講座2
背景画のサンプル
(漫画制作の背景画/東京都練馬区高松)

  HOME漫画の描き方講座(1)>漫画の描き方講座(2)>漫画の描き方講座(3)
お問い合わせ
作品サンプル
広告マンガのサンプル1
漫画制作の流れ
漫画活用の効果
漫画小冊子について
漫画の活用用途
漫画制作、イラスト制作、似顔絵作成に関するよくある質問
漫画制作付属情報
とんぼBOOKS/ボケる人とボケない人/電子書籍
北斎漫画について
日本漫画の歴史
自分史漫画制作
イベント漫画制作
商品紹介
漫画作成の具体的な活用例とアドバイス
Privacy Policy
著作権について
漫画制作、イラスト制作、似顔絵作成に関する業務提携と制作協力について。
東京都練馬区大泉町散策ガイド
漫画家・高橋達央のオフィシャルサイト
たっちゃんのブログ/漫画家高橋達央のブログ
便利なお役立ち情報
とんぼの電子コミック
ペットの似顔絵
漫画制作について
漫画制作用語
漫画制作の項目
(1)ストーリー作 り (2)キャラクター (3)絵コンテ (4)下描き 
(5)
ペン入れ (6)仕上げ (7)完成
(2)キャラクター作り
  登場人物は個性的で、他の人物と異なる性格付けをすると良い。
  たとえば数人の登場人物がいるとして、それぞれが異なった性格だとストーリーが
  展開しやすくなる。
  ただし、意図的に主人公とそっくりな性格の登場人物を設定することもある。
  しかし、あくまでも意図して登場させるわけで、何も考えないでたまたま似たような
  性格になってしまった、ではダメである。

  広告漫画でも、キャラクターはパッと見で区別されていなければならない。
  制作する際には、キャラの描き分けには十分な配慮が必要である。
主人公(ヒーロー)の描き方
  ヒーローは作品の中心となる人物。
  したがって、読者が最も感情移入する対象だ。
  当然、ヒーローは読者の憧れでなければならず、そのためには読者を引き付ける
  特別の魅力が必要である。
  では、どのようなヒーロー像が望ましいだろうか。

(1)主人公の顔が覚えやすいこと
  始めて見る読者にもすぐに覚えてもらえるような、印象的で個性的な顔立ちが良い。
  たとえば、眼が大きかったり眉毛を太くすると、これだけでも大きな特徴になる。
  とくに、眼と髪型は大きな要素だ。

(2)主人公の顔は親しみやすい
  すぐに親しんでもらえるような顔立ちが良い。
  しかし、奇抜さだけを意識してはダメ。
  あくまでも、読者に不快感を与えず好感の持てる顔が一番です。

(3)主人公は目立たなければならない
  主人公は全体の主役だから、一番目立つように描くべき。
  たとえば、どんなシーンでも、すぐに主人公が見分けられるような描き方だ。
  大衆の中にあっても、主人公だけはすぐにわかるようにする。
ヒロインの描き方
  ヒロインは、とくに少年漫画においては花のような存在である。
  ヒロインとは主人公の相手役となる女の子だ。
  とにかく可愛くてきれいなことが一番だから、やぼったい女の子は良くない。
  なにしろ、自分が憧れるようなヒロインでなければいけない。
  女の子の出てこない漫画はほとんどない。
  ということは、いかにヒロインを可愛く描けるかということが大事なのである。
  ただし、可愛い女の子といっても、読者にとってもそれぞれ好みのタイプは違うだろう。
  明るく活発な女の子が好きな人もいれば、清楚でおしとやかな女の子が好きだという
  読者もいるわけで。
  また、ロングヘアーが好きだったり、ショートカットが好きだったりするだろう。
  千差万別だ。
  したがって、当然だが描き手によってヒロイン像が異なってくる。
  漫画雑誌には様々なヒロインが登場する。
  このように、自分のヒロイン像をつくることは非常に重要である。

  たとえば、以下のようなヒロイン像が考えられる。
  ・元気はつらつで、スポーツマンタイプの女の子。
  ・着物の似合う女の子。
  ・清純派タイプの女の子。
  ・笑顔が素敵な女の子。
  ・しぐさの可愛い女の子。
  ・お色気たっぷりな女の子。
主人公に欠点を与える
  主人公は完璧な人間ではなく、むしろ欠点があった方が展開がスムーズにいく。
  たとえば、漫画の中で主人公が成長していく過程を描いたとしよう。
  ところが完璧で欠点のない主人公だとすでに立派になっているから、それ以上の成長は
  読者としてはさほど読みたいとは思わない。
  むしろ、自分と同じような欠点のある主人公ががんばって目的を達成し、
  いつのまにか人間的にも成長していた、という話の方が読者は読みたいものだ。
  あるいは、がんばって目的を達成したが欠点が治っていなかった、という話でもよい。
  その場合の欠点は親しみのある欠点で、他人に嫌われるような最悪な欠点ではダメ。
ヒーロー物の敵役は主人公より強い
  ヒーロー物でなくスポーツ物でも良いが、主人公のライバルとなる敵役は、絶対に主人公より
  強くなくてはいけない。
  主人公が圧倒的に強かったら、弱いライバルに勝って当たり前である。
  そんなストーリーはつまらないから、読者も読みたいとは思わない。

  ところが、ライバルが強すぎてとても主人公では勝ち目がないとしよう。
  そうすると、主人公はライバルに勝つために様々な努力をする。
  読者は、この主人公はどのようにしてライバルに勝てるだろうと、期待しながら読んで
  くれる。

  つまり、ライバルや敵が、強ければ強いほど面白くなるのである。
  だから、面白い漫画を描こうと思ったらまず強いライバルを作ることだ。
キャラクターの人物を描く
  漫画は絵ですから、パッと見が勝負だ。
  したがって、好感の持てる主人公と、相手役の女性、敵役など、魅力的なキャラクターを描き
  分けなければならない。

  それと、設定した性格と合った絵であることが重要である。
  絵と性格付けが不釣り合いではいけない。
  たとえば、元気いっぱいの主人公のはずが、病的だったり、いつも下を向いて歩いている
  ようではいけない。
  また、ライバルや敵役が主人公より良いヤツでも不自然だ。

(3)絵コンテ
  絵コンテをネームともいい、ノートなどにコマ割りのラフを描く。
  ストーリーをコマに割って絵のラフを描くことで、漫画らしくなってくる。
  この場合、あまりページ数にこだわらず、自由に描いてみることだ。
  自分の描きたいことを描く、これが大事だ。
  細かいことは、後で少しずつ手を加えていけばよい。

  通常、絵コンテの段階では、細かく絵を描き込まない。顔の表情もアバウトで結構。

  次に、内容やページ数を考えながら、手を加えていく。

  漫画賞などに応募する場合は、すべて自分で作業する。
  ところが、編集者と打ち合わせする場合、この最初の絵コンテの段階で行うこともある。
  もちろん、すべて自分で手直しをして、編集者と打ち合わせを行っても結構だ。
(4)下描き
  絵コンテにしたがって原稿用紙に鉛筆で下描きをしていく。
  人物の表情もきちんと鉛筆で描く。
  ペン入れはこの下描きの鉛筆線をなぞって行うから、下描きの線は慎重に描く。
  線がはみ出したりしたら、消しゴムで消しながら気に入るまで何度でも描き込む。

  個人的には、この下描きの段階が、漫画の制作過程の中で一番好きだ。
(5)ペン入れ
  通常は、墨汁や黒のインクをペンに付けて描く。
  これでなければいけないという決まりはないが、多くの漫画家は墨汁や黒インクを使う。
  ペンは、Gペンやかぶらペンが多いようだ。

  サインペンなどで描く漫画家もいますが、基本はGペンやかぶらペンだ。

  作業としては、まずペンで人物を描いていく。

  そして、人物のインクが乾いたら、今度は背景画を入れる。

  ちなみに、プロの漫画家が使用するペン先の多くは、以下のようなものである。
  Gペン、かぶらペン、丸ペン、日本字ペンなど。

  また、プロの漫画家がよく使うインクや墨汁は、以下のようなものがある。
  「Pilot製図用インク」や「解明墨汁」など。
(6)仕上げ
  インクが乾いたのを確認して消しゴムで鉛筆線を消す。
  また、コマからはみ出したりした線は、ポスターカラーの白で消す。
  次に、スクリーントーンを張り込んでいく。

  スクリーントーンは画材屋さんで購入できるし、インターネットでも購入できる。
  ちなみに、とんぼスタジオに所属する漫画家の多くはパソコンで作業をしており、
  パソコンの中でスクリーントーンを作って使用している。
(7)
  仕上がった原稿をチェックし、漫画の制作が修了である。
  これですべての原稿が完成する。


Top
漫画で新製品をPRする

単行本を100冊以上出版しているプロの漫画家が制作の責任者だから安心!

HOME漫画の効果4コマ漫画制作マンガ社史制作広告マンガ練馬区大泉町よくある質問Site Map
漫画制作のとんぼスタジオ
All Copyright (C) 2010 Tombo Studio
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁ずる。