なつかしい漫画のなつかしい情報

なつかしい漫画情報

イラスト/子供のころのなつかしいスタイル
  HOME>なつかしい漫画情報
アラーの使者 黄金バット 月光仮面 七色仮面
  ●「なつ漫」は時代の映し鏡 
  ●軍国主義に利用された戦前漫画
  ●貸本漫画が戦後に活力を与えてくれた  
  ●新聞漫画と政治漫画
  ●少年誌は「なつ漫」の宝庫(1)  
  ●少年誌は「なつ漫」の宝庫(2)
  ●漫画はどこへいくのか
  昔なつかしい漫画を、勝手に「なつ漫」と呼んでいる。
  私が子供の頃の漫画は、最近の漫画とは随分と異なっていたように思う。
  日本中が貧しかったのに、子供たちがみんな元気な時代だった。
  あちこちから子供たちの声が聞こえ、夢があった。 
  その頃のなつかしい漫画情報を、皆さんと共有できたらとても嬉しい。

  え?いつ頃の話かって?
  昭和30年~40年代のことである。
漫画制作
自分史の漫画制作
イベント漫画制作
企業マンガ制作
4コマ漫画制作
単行本漫画制作
とんぼスタジオのマンガ商品紹介
ペットの似顔絵制作
北斎漫画について
日本漫画の歴史
漫画制作講座
卓球「きらめく星座」
楽しい歴史漫画/漫画制作
建築漫画制作/「笑う門には福来たる」
漫画家・高橋達央のオフィシャルサイト
アラーの使者
「月光仮面」や「七色仮面」などの原作で知られる川内康範の
 原作である。
 漫画は九里一平が担当し、「冒険王」に連載された。
 しかし、当時単行本化された記憶はない。
 また、工藤市郎 の漫画でも出版されている。

 さらに、1960年7月から同年12月までTV放映され、主演が
 千葉真一でアクションもあって子どもたちに大人気だった。
黄金バット
 昭和5年、黄金バットは紙芝居として登場した。
 当初、鈴木一郎作「黄金バット」は、黄金のガイコツで赤マントを
 身に付け、中世の騎士のようないでたちで圧倒的な人気を博した。
 戦時中は紙芝居人気もすたれるが、戦後まもなく復活。

 そして、永松健夫の原作で昭和22年に少年画報(少年画報社)に
 登場し、後に少年キング〈少年画報社)にも連載された。
 監修の加太こうじは美術学校を卒業後、紙芝居作家となって
 黄金バットを手がけた。
月光仮面
 1958年から「少年クラブ」で連載された大人気漫画である。
 川内康範の原作で、漫画は桑田次郎が担当した。

 また、同年2月24日月曜日午後6時よりTBS系テレビで
 実写放映され、大瀬康一が主演祝十郎を演じた。

 国産初のスーパーヒーローとして、最高視聴率67.8%、
 平均視聴率40%という人気番組だった。
七色仮面
 原作川内康範で漫画は一峯大二のコンビで漫画雑誌に連載された。
 また、1959年(昭和34年)6月3日から1960年6月30日まで
 TV放映された。全7部全57回放映され、第5部からは
「新七色仮面」としてスタートした。
新製品をPRする
HOME漫画の効果マンガの活用広告マンガ制作東京都練馬区大泉町Site Map
漫画制作事務所・とんぼスタジオ マンガ制作のとんぼスタジオ
All Copyright (C) 2010 Tombo Studio
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁ずる。