絶対に卓球が上手くなりたいと日々努力している卓球仲間のために
卓球上級編
イラスト/卓球大会
卓球がメチャうまくなる!卓球上級編卓球の戦型メンタル面の強化卓球の基本姿勢
前陣速攻型の
戦術
ドライブ
主戦型の戦術
守備型の戦術
 上級者の
サービス
 上級者の
レシーブ
 
 HOME卓球がメチャうまくなる>卓球上級編
髙橋達央の似顔絵
卓球の技術
卓球上級編
 前陣速攻型の戦術
 ドライブ攻撃型戦術
 守備型の戦術
 上級者のサービス
 上級者のレシーブ

卓球の戦型

メンタル面の強化

卓球の基本姿勢
卓球の基礎
 フォアハンド
 バックハンド
 ツッツキ
 ショート

サービス
 下回転サービス
 上回転サービス
 ナックルサービス
 横回転サービス
 横上回転サービス
 横下回転サービス

 レシーブ
 スマッシュ
 フォアハンド
  ドライブ

 バックハンド
  ドライブ


カット
 フォアカット
 バックカット

卓球の用具
 ラケット
 ラバー
 用具その他

マンガ家・高橋達央のオフィシャルサイト
4コマ漫画制作/「ピンポンぱん」
電子コミック制作/「きらめく星座」
卓球王国復活だ!がんばれ!!ニッポン!!
卓球マンガ/「きらめく星座」
卓球漫画/「花丸たっきゅう」
キーワード夢占い
漫画制作のとんぼスタジオ
自分史
あなたの文書をマンガ化いたします
イベント漫画
ペットの似顔絵
感謝状ハガキ/還暦
マンガ制作について
マンガでわかる礼文町の歴史/北海道礼文町教育委員会
広告マンガのサンプル1
漫画の制作講座
マンガ制作単行本/「電気回路」
単行本漫画制作/「太陽電池」
前陣速攻型の基本
 前陣速攻型が得点するパターンで最も多いのは、相手に
 甘いボールを返球させてそれをスマッシュすることだ。
 これが前陣速攻型の基本である。

 そのためには、相手に厳しいボールを返球されないよう
 にする工夫が必要である。
 この工夫こそが、前陣速攻型の戦術なのである。
 では、どのようにして相手に甘いボールを返させたら
 よいのだろうか。

 まず、大きな武器となるのが「時間」である。
「時間」と言うより「時間差」といった方がわかりやすい
 かもしれない。
 たとえば、相手が十分な体制を整える前に、早い
 タイミングでボールを返してしまう。
 すると、相手はタイミングが合わず、ミスを誘うことが
 できる。
 ネットミスもあるし、オーバーミスもある。
 チャンスボールが上がれば強打して得点できる。

 このように、時間差を利用した攻撃が前陣速攻型の
 基本的な戦術なのである。

 しかし、時間差を利用して早いタイミングでボールを
 送っても、球質やコースなどの変化が平凡だと相手が
 慣れてくる。
 そうなると今まで効いていた作戦が功を奏さなくなる。
 逆に、相手のペースで試合をすることになる。
 これではいけない。
 相手に、「次はどんな攻め手でくるのだろう」と考え
 させて迷わせるようでなければいけない。

 こうした攻め手の多さも前陣速攻型の主戦技術なのだ。
 ようするに、相手の攻め手を読ませないようにすること
 である。
ドライブ攻撃型の基本
 ドライブ主戦型の最大の武器はドライブであり、
 このドライブに自信を持つことが、この戦型の選手に
 とって最も大事なことだ。

 ドライブを打ったら負けないという自信が、試合での
 大きな心の支えとなる。

 したがって、この戦型の戦術はどのようにして自信の
 あるドライブを打つチャンスを作れるか、ということ
 から出発する。

 ただし、フォアのドライブだけではなかなか試合には
 勝てない。
 たとえば、相手は、自分がフォアが強いと思ったら
 バック側に多くボールを送ってくるし、短いボールを
 送って台上で自分優位の展開にもっていこうとする。

 したがって、バックドライブや台上処理もこなせる
 ようにならないといけない。
 そうした展開からでも、自分得意のフォアのラリーに
 もっていくようにする。
 また、そうした展開でも得点できるようにレベルアップ
 していこう。

●ドライブの連続攻撃のポイント
 ドライブで連続攻撃するには、打球後に素早く基本姿勢
 に戻ることが重要である。
 ドライブ打法は膝のバネを使うが、フィニッシュの時に
 膝が完全に伸びきってしまうと、基本姿勢への戻りが
 遅くなってしまうので気をつけよう。
 また、打つ前の体勢をできるだけ同じにすると、どんな
 ボールを打つのかが相手に読まれにくくなる。
守備型の基本
 試合での得点パターンは大きく2通りある。
 ひとつは、自分が攻めて得点すること。
 もうひとつは、相手のミスにより得点することである。

 この2通りの得点パターンは、一概に攻撃とミスとに
 大別はできないが大雑把な分け方をするとこうなる。
 基本的に、前陣速攻型やドライブ主戦型の選手が狙う
 得点は、攻撃による得点である。
 自分から攻めて得点しようとする。
 それによって相手がミスをしても、攻めた上での得点で
 ある。

 一方のカットマンの得点は、どちらかというと相手の
 ミスを誘って得点するパターンだ。
 もちろん、強打からの得点もある。
 チャンスボールが上がれば、素早く前に出て仕掛けて
 いく。
 しかし、カットマンの戦術の基本は、自分のミスを
 減らして、相手より一本多く返すことだ。

 つまり、相手が先にミスするようなカットを送ることが
 大事になってくる。
 それがカットマンの戦い方である。

 よく「カットは不敗の戦術」と言われるがまさしく
 その通りだ。
 相手に勝つための戦術と言うより、負けないための戦術
 なのである。
 そのためには、相手より一本多く返すという気持ちが
 大事だ。
 では、どのようにすれば負けない卓球ができるのか。

 まず、絶対条件として安定したカットを身につける
 ことだ。
 どこに飛んでくるボールに対しても、フットワークを
 使って、確実に低く深く、切れたカットを入れるように
 練習しよう。

 しかし現代卓球ではカットだけではなかなか勝てない。
 勝つためには、チャンスボールを積極的に攻撃して得点
 していくことも大事になってきた。

 とくに、3球目攻撃は攻めて得点するチャンスである。
 サーブ権を持ったら、攻撃選手と同じくらいの攻撃力を
 発揮できるようにする。
 そういう意味では、カット主戦型はオールラウンドな
 戦型といえるだろう。

 カットマンの戦術の考え方は以下の通りだ。
 自分の能力に応じた戦法を考えよう。
① 自分が安定し、相手は安定しないような展開に持って
 いく。
② 自分の得意と相手の弱点との勝負に持ち込む。

●カットの際の体重移動

 カットのスイングと打球を安定させるには、体重移動が
 重要だ。
 たとえば踏み出した足の膝に体重を移していくことで、
 打球をより安定させることができる。
 また、カット後に、踏み出した足をしっかりと蹴り返す
 ようにする。
 これによって、基本姿勢への戻りがより早くなる。
上級者のサービス
 まず、自分の持っているサービスが、はたして効果的な
 サービスかどうかが分かっていなければならない。
 それは、相手を想定した上での判断である。
 まず、自分のサービスが、自分の戦型や得意な戦術に
 つながりやすいかを見極めよう。

 たとえば、カットマンであれば下回転のサービスが基本
 になる。
 攻撃マンであれば、チャンスボールが上がるような
 サービスであるかどうかも大事だ。

 また、相手の嫌がるサービスかどうかも重要である。
 相手によっては、下回転のサービスに対するツッツキが
 非常に上手だったりする。
 そうした相手に、下回転のサービスだけを出していたの
 では勝てない。

 逆に、横下回転のサービスをフォアミドルに出されると
 嫌がる選手もいる。
 そうした選手には、横下回転のサービスが有効である。
 このように、自分のサービスをよく分かった上で、
 さらに相手の特徴をよく分析した上で、サービスを出す
 ようにしよう。
 同じ下回転のサービスでも、バック側の処理は上手いが
 フォア側の処理は下手な選手もいる。
 そうした判断も、ゲームの中でできるだけ早く察知
 しよう。

 ゲームの中でサービスのコースとして、相手に長短や
 前後左右、ミドルなどを一通り試してみよう。
 効果的なサービスとまったく効かないサービスがある
 ので、ちゃんとチェックしておく。
 そして、より効果的なサービスは、ここ一番と言う
 ときに使うようにする。
 たとえば10対10のジュースになったときなど、
 このサービスを使ってゲームを取る。

 しかし、クレバーな相手であれば、あなたがここ一番で
 出すサービスを予測しているかもしれない。
 自分が最も苦手なサービスを出すだろうと、予測して
 いる可能性もある。
 そしてあなたが、もしもその相手の心理が読めて、
 相手が自分の苦手なサービスを待っていると読めるたと
 しよう。
 そのときは、サービスのスピードを変えてみたり、
 あるいは回転量を変えて相手の裏の裏をかくのだ。
上級者のレシーブ
 レシーブの基本は相手のサービスの質を見破ることだ。
 相手サービスが分からずに十分なレシーブはできない。
 では、どのようにして相手のサービスを見破るのだ
 ろうか。
 まず、相手がボールをインパクトした瞬間の角度を
 しっかりと見ることだ。
 基本的には、その角度と同じ角度でラケットを出せば、
 どのようなサービスでも返せる。
 また、その角度と対照的な角度を出しても、レシーブ
 できる。

 さらに、相手のインパクトの動きをしっかりと見る。
 このとき相手ボールの回転と同じ回転でボールを受ける
 方法が、「順で取る」方法である。
 逆に、相手ボールの回転と逆の回転で受ける方法が、
「逆で取る」方法だ。
 わかりすく言えば、「順で取る」方法は、相手のボール
 の回転のままに返球する。
 そして「逆で取る」方法は、相手のボールの回転に
 逆らった回転で返球する。

「逆で取る」方法は、ツッツキに対してツッツキで返す
 ような打ち方である。

 このように、レシーブは、相手サービスのインパクト時
 のラケットの角度と動きを見ることから始まる。
 したがって、相手のラケットとボール以外は見る必要が
 ない。
 逆に、相手の表情やフォロースルーなどを見てしまう
 ことで、騙されてしまう。
  |HOMEマンガ制作Illustration卓球情報FriendsLinkSiteMap
ロゴ
とんぼスタジオ

All Copyright(C) 2010 Tombo Studio
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁ずる。