絶対に卓球が上手くなりたいと日々努力している卓球仲間のためのサイト
上級者のレシーブ
漫画の背景画制作/卓球大会
卓球がメチャうまくなる!卓球上級編卓球の戦型メンタル面の強化卓球の基本姿勢
前陣速攻型の
戦術
ドライブ
主戦型の戦術
守備型の戦術 上級者の
サービス
上級者の
レシーブ
 HOME卓球がメチャうまくなる>上級者のレシーブ
髙橋達央の似顔絵
卓球の技術
卓球上級編
前陣速攻型の戦術
ドライブ攻撃型の戦術
守備型の戦術
上級者のサービス
上級者のレシーブ

卓球の戦型

メンタル面の強化

卓球の基本姿勢
卓球の基礎
フォアハンド
バックハンド
ツッツキ
ショート
・サービス
 ・下回転サービス
 ・上回転サービス
 ・ナックルサービス
 ・横回転サービス
 ・横上回転サービス
 ・横下回転サービス
レシーブ
スマッシュ
フォアハンドドライブ
バックハンドドライブ
・カット
 ・フォアカット
 ・バックカット

卓球の用具
ラケット
ラバー
用具その他

マンガ家・高橋達央のオフィシャルサイト
4コマ漫画制作/「ピンポンぱん」
電子コミック制作/「きらめく星座」
卓球王国復活だ!がんばれ!!ニッポン!!
卓球マンガ制作/「きらめく星座」
漫画制作/「花丸たっきゅう」
高橋のお友だち
漫画制作のとんぼスタジオ
自分史マンガの制作/マンガ制作のとんぼスタジオ
あなたの文書をマンガ化いたします/漫画制作のとんぼスタジオ
イベント漫画制作
ペットの似顔絵制作
感謝状漫画ハガキ/還暦
マンガ制作について
マンガでわかる礼文町の歴史/北海道礼文町教育委員会
マンガ制作のサンプル1
漫画の制作講座
マンガ制作単行本/「電気回路」
単行本漫画制作/「太陽電池」
2012ロンドンオリンピック開会式・日本選手団入場
切れたサービスと切れないサービスの見分け方
  下回転サービスのボールの回転は、ネットを超えるあたりから
  よく見えるようになる。
  よく見て、回転軸の角度と、長さを判断することが大事である。

  相手の下回転サービスが純正の下回転なのか、あるいは横が
  入っているのかを判断しよう。
  ちなみに、サービスの質は、インパクト時の相手のラケットの動き
  からも判断できる。

  大事なのは、インパクトの瞬間だけ。
  バックスイングやフォロースルーの動きは関係ない。
  ラケットの当たる位置やラケット面の角度が重要なのである。

  たとえば、相手がグリップ近くでインパクトしたサービスは、
  それほど切れていない。
  ラケットの先端付近でインパクトしたら、ボールが切れてくる。
  また、ラケット面が上を向いていたらほとんどが下回転系の
  サービスだ。
  しかし、やや上を向いた状態から、切るのではなく押してくる
  場合があるが、これはナックルである。
  したがって切れていない。

  判断を誤る原因の多くは、相手のフォロースルーにごまかされて
  いるからです。

  ボールのバウンドからも、切れているか切れていないかが
  判断できる。
  たとえば、切れたボールはバウンド後にボールのスピードが落ちる。
  一方、切れていないボールはバウンド後もボールのスピードが
  さほど変わらない。

  また、ボールがネットを超えるときにも判断できる。
  切れたボールはホップする感じ。
  一方、切れていないボールはホップしない。

  さらに、上級者は相手の動きからもサービスの質を判断できる。
  たとえば、切れていないサービスを送る相手であれば、
  レシーブされたボールが浮くのを待って、強打を狙っている。
  だからサービス後に高い腰で構えている。

  また、その時の相手のラケット角度が強打を狙っているように
  被さった状態だったりする。
  つまり、相手が立ち腰で構えていたらナックルサービスだと
  判断できる。

  逆に、相手サーバーのラケット面が上を向き、しかも前傾姿勢で
  構えていたら、相手は短いツッツキかネット際にナックルを
  落とそうと考えているだろう。
  つまり、相手のサービスは切れた下回転である可能性が高いという
  ことだ。

  ただし、お互いが上級者であれば、サーバーのこうしたラケットの
  動きや姿勢がダミーであることも考えられる。
  これが上級者同士の勝負の駆け引きである。

短いボールに対するレシーブ
  対戦相手に応じてレシーブが異なる。
  この際のレシーブには、ツッツキ、ストップ、プッシュ、払い
  などがある。

● 相手がドライブ主戦型選手
  相手がネット際に短いサービスを出す意図は、レシーブを
  ツッツかせて、そのボールをドライブで攻めようと考えている。
  ということは、レシーバー側はそれを防がなければならない。

  そのためには、ツッツかないで、相手がドライブしずらい方向に
  返球すると良い。
  しかも、相手がドライブする時間をできるだけ与えないようにすれば
  なお良い。

  この場合、払って打つことが有効である。
  相手がフォアの強打を狙っているようなら、相手のバック側に
  払う。
  逆に、バックドライブが得意な選手でバック強打が見え見えなら、
  相手のフォア側に払うのである。

  払いが難しいなら、ネット際に短くストップするか、最悪でも短い
  ツッツキでレシーブしよう。

●相手が表ソフトの前陣速攻型選手
  相手は台の近くで狙っているので、できるだけ時間を与えず長目の
  レシーブが良いだろう。
  したがって、速いタイミングの払いが有効である。

  払いが難しい状況なら、低く切れたツッツキも良い。
  表ソフトの場合、切れたツッツキに対して切れたツッツキで
  応戦することは難しいので、相手は軽いドライブかさほど
  切れていないツッツキで返してくる。

  そのボールを強打すれば良い。
  あるいはドライブで攻めても良いだろう。

● 相手が守備型(カットマン)選手
  カットマンがフォア側に短いサービスを送ってきたら、
  カットマンの意図は、相手にツッツキさせて下回転のボールを
  カットのラリーに持ち込むことである。

  通常は、このサービスに対しては払いかツッツキでレシーブする。
  しかし、ときには異なるレシーブも必要だ。

  たとえば、バック側に来た短いサービスをプッシュなどで返球する。
  するとボールの回転は少なく、ナックル状のボールが返ってくる。
  とくに、カットマンがラケットのバック側に貼っている、
  ツブ高ラバーか表ソフトラバー側に返球すると良い。

  すると、ナックルをツブ高や表ソフトではなかなか回転を
  かけずずらいので、カットマンはカットをすることが難しくなる。
  そのために、ナックルボールが自分に返ってくる可能性が高く
  なるので、そのボールを狙っていけば良い。

左利きのサービスが読みずらい
  左利きの選手のサービスで最も読みづらいのは、バックハンドによる
  ストレートへの横回転系サービスとクロスへのロングサービスの
  見分け方だ。

  普段から左利きと練習していれば良いが、そうでないと判断が遅れて
  フォア側に来たロングサービスが上手く返球できないのだ。

  その場合には、まず思い切りの良いレシーブを心掛けること。
  まず膝を曲げ、腰をやや高めにして左右に動きやすい状態で
  待球する。
  気持ち的には7~8割はバック側に来るロングサービスを警戒する。
  スタートが大事である。
  バックのロングサービスが来ると判断したら素早く移動し、
  バックハンドでクロスに払うと良い。

  時には、思い切って回り込んで払うのも良いだろう。

HOMEマンガ制作Illustration卓球お役立ち情報FriendsLinkSiteMap
マンガ制作のとんぼスタジオ
All Copyright(C)tatsuo takahashi
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁じます。