絶対に卓球が上手くなりたいと日々努力している卓球仲間のために
上級者のサービス
卓球がメチャうまくなる!卓球上級編卓球の戦型メンタル面の強化卓球の基本姿勢
前陣速攻型の
戦術
ドライブ
主戦型の戦術
守備型の戦術
 上級者の
サービス
 上級者の
レシーブ
 
 HOME卓球がメチャうまくなる卓球上級編>上級者のサービス
髙橋達央の似顔絵
卓球の技術
卓球上級編
 前陣速攻型の戦術
 ドライブ攻撃型戦術
 守備型の戦術
 上級者のサービス
 上級者のレシーブ

卓球の戦型

メンタル面の強化

卓球の基本姿勢
卓球の基礎
 フォアハンド
 バックハンド
 ツッツキ
 ショート

サービス
 下回転サービス
 上回転サービス
 ナックルサービス
 横回転サービス
 横上回転サービス
 横下回転サービス

 レシーブ
 スマッシュ
 フォアハンド
  ドライブ

 バックハンド
  ドライブ


カット
 フォアカット
 バックカット

卓球の用具
 ラケット
 ラバー
 用具その他

マンガ家・高橋達央のオフィシャルサイト
4コマ漫画制作/「ピンポンぱん」
電子コミック制作/「きらめく星座」
卓球王国復活だ!がんばれ!!ニッポン!!
卓球マンガ/「きらめく星座」
卓球漫画/「花丸たっきゅう」
キーワード夢占い
漫画制作のとんぼスタジオ
自分史
あなたの文書をマンガ化いたします
イベント漫画
ペットの似顔絵
感謝状ハガキ/還暦
マンガ制作について
マンガでわかる礼文町の歴史/北海道礼文町教育委員会
広告マンガのサンプル1
漫画の制作講座
マンガ制作単行本/「電気回路」
単行本漫画制作/「太陽電池」
とんぼBOOKS
2012ロンドンオリンピック・開会式
サービスの種類
 サービスには、下回転サービスや上回転サービス、
 ナックルなどたくさんの種類がある。
 しかし、多くのサービスが使えるより、威力があって
 自信のあるサービスをひとつ持っている方が武器に
 なる。

 それは、自分が本当に苦しいときに頼りになるサービス
 なのだ。
 まず、そのサービスを見つけ、どんどん磨いていく
 ことが大事だ。

 たとえば、下回転サービスをたったひとつ持っていると
 しよう。
 どんどん磨いて、切れたサービスをネット際に短く
 出せるとする。
 しかも、どんなコースにも出せるようになってきた。
 そうしたら、そのサービスを柱にして同じモーション
 から異なるサービスを出せるようにするのだ。

 たとえば短いナックルサービスを出せるようになれば、
 下回転と錯覚した相手がチャンスボールを上げて
 くれる。
 そのボールを強打すれば得点につながるのである。

 また、横下回転サービスが出せるようになれば、同じ
 フォームから3種類のサービスを出すことになる。
 相手はますます混乱し、レシーブミスが多くなって
 しまう。
 そして、ここぞという場面で、自分の最も頼りにして
 いるサービスで勝負するようにする。
 もちろん、大事な場面で別のサービスを出すこともある
 だろう。
 相手があなたのサービスを予測しているようなときに、
 裏をかいて別のサービスを出すことも有効だ。
 駆け引きなのだから。
サービスが効かなくなったとき
の対処法
 自分のサービスに相手が慣れてきて、それまで効いて
 いたサービスが効かなくなることがある。
 それでも、相手が強烈な2球目攻撃を仕掛けてこない
 限りは、そのままサービスを続けてもよいだろう。
 サービスに慣れてきた相手に3球目攻撃は難しいと思う
 ので、3球目を相手の嫌がるところに返して、チャンス
 ボールが来たら5球目攻撃を狙う手がある。
 5球目攻撃が無理なら、つないで7球目につなぐ手も
 あるのだ。

 いずれにしても、相手が強打できないのであれば、
 サービスを変える必要もないだろう。
 しかし、明らかに相手がそのサービスを狙ってくる
 ようならば話は別だ。
 変えた方がよい。

 たとえば、回転やコースや、サービスを出すときの
 モーションを変えてみること。
 あるいは、サービスを出す位置やフォアとバックを
 変えてみるのも一案だろう。

 このように、ちょっと変えてみるだけで意外な効果が
 あったりするものだ。

 たとえば、相手が明らかにフォアからの強打が得意な
 選手であれば、フォア側に短いナックルなども有効で
 ある。
 下回転を出すモーションから短いナックルを送ると、
 相手は台上でツッツくか、台上ドライブをかけてくる
 だろう。
 あるいはフリックでくるかもしれない。

 いずれにしても、下回転だと思ってラケット操作して
 くるので、ナックルサービスをふかしてくれるから
 そのボールを狙うことができる。

 あなたはそれまで、相手がフォアが得意だと思って、
 バックにばかりサービスを送っていたとしよう。
 当の相手は、常にそうした練習をしてきているので、
 バック側の短い下回転の処理は上手だったりする。
 そして、相手はそのサービスを、あなたのフォア前に
 短くナックル気味に返球して、あなたが浮かすのを
 待ってフォアの強打を狙っていたはずである。
 しかし、案外、得意の近くには弱点があるものだ。

 つまりフォアが得意な選手は、意外にもフォア前の短い
 ナックルが苦手だったりするのだ。
 そのように、サービスが効かなくなっても、ちょっと
 した変化で生き返ることがあるということを覚えて
 おくと良い。
サービスと相手の弱点
 自分の得意なサービスを出し続けて、自分のペースを
 守って試合を展開していくことは大事である。
 しかしそれでもどうしても得点がとれない場合がある。

 相手が強すぎるのであれば仕方がない。
 ところが、良い展開で戦っているのにどうしても点が
 入らないとか、今一調子が出ないというときがある。
 また、相手がバカ当たりすることもある。

 そのようなときに同じような展開を続けていたら、
 そのまま試合が終わってしまう。
 そこで、思い切ってサービスを変えてみるとよい。
 サービスを変えることで、相手のリズムを狂わせ、
 ゲームの嫌な流れを変えることが可能である。
 では、どのような作戦があるのだろうか。

 たとえば、台から離れたラリーが得意な相手には、
 台上でツーバウンドするような短いサービスを出す。
 ロングが得意な人は、短いツッツキなどが弱点だったり
 する。
 また台上処理の得意な相手には、逆に長目のサービスを
 試してみる。
 台上の得意な選手の弱点は、長いボールとラリーが弱点
 だったりする。

 サービスのタイミングを変えてみるのも効果がある。
 タイミングを速くしてサービスを出したり遅い
 タイミングで出すことで、相手のリズムが狂ってくる。
 タイミングが合わなくなると、レシーブミスが増えて
 くる。
 そして、ゲームの流れが少しずつあなたの方へ流れて
 くるのだ。

 回転の量を変えるのも効果的だ。
 案外、ナックルサービスが効果的だったりする。
 それまで、強い下回転ばかり出していたのであれば、
 下回転の量を少なくしたり、あるいはナックルサービス
 を出してみる。
 相手のラバーが表ソフトなら、このナックルは有効かも
 しれない。
 とくにスピードボールに強い相手には、ナックル性の
 スピードのないサービスは有効である。
  |HOMEマンガ制作Illustration卓球情報FriendsLinkSiteMap
ロゴ
とんぼスタジオ

All Copyright(C) 2010 Tombo Studio
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁ずる。