絶対に卓球が上手くなりたいと日々努力している卓球仲間のためのサイト
卓球の基本姿勢
イラスト/試合
卓球がメチャうまくなる!卓球上級編卓球の戦型メンタル面の強化卓球の基本姿勢
前陣速攻型の
戦術
ドライブ
主戦型の戦術
守備型の戦術 上級者の
サービス
上級者の
レシーブ
 HOME卓球がメチャうまくなる>基本姿勢
髙橋達央の似顔絵
卓球の技術
卓球上級編
前陣速攻型の戦術
ドライブ攻撃型の戦術
守備型の戦術
上級者のサービス
上級者のレシーブ

卓球の戦型

メンタル面の強化

卓球の基本姿勢
卓球の基礎
フォアハンド
バックハンド
ツッツキ
ショート
・サービス
 ・下回転サービス
 ・上回転サービス
 ・ナックルサービス
 ・横回転サービス
 ・横上回転サービス
 ・横下回転サービス
レシーブ
スマッシュ
フォアハンドドライブ
バックハンドドライブ
・カット
 ・フォアカット
 ・バックカット

卓球の用具
ラケット
ラバー
用具その他

マンガ家・高橋達央のオフィシャルサイト
4コマ漫画制作/「ピンポンぱん」
電子コミック制作/「きらめく星座」
卓球王国復活だ!がんばれ!!ニッポン!!
卓球マンガ制作/「きらめく星座」
漫画制作/「花丸たっきゅう」
高橋のお友だち
漫画制作のとんぼスタジオ
自分史マンガの制作/マンガ制作のとんぼスタジオ
あなたの文書をマンガ化いたします/漫画制作のとんぼスタジオ
イベント漫画制作
ペットの似顔絵制作
感謝状漫画ハガキ/還暦
マンガ制作について
マンガでわかる礼文町の歴史/北海道礼文町教育委員会
マンガ制作のサンプル1
漫画の制作講座
マンガ制作単行本/「電気回路」
単行本漫画制作/「太陽電池」
卓球の基本について
  基本姿勢というのは、車で言えばニュートラルのようなものである。
  どのギアにもすぐに入ることができる姿勢のことだ。
  つまり、相手のボールを待つときの姿勢である。
  ちなみに、基本姿勢は各打法によって異なり、決まったスタイルが
  あるわけではない。

  選手それぞれによって、微妙に異なる。

  ただし、スタンスが極端に広すぎたり、逆に狭すぎるのはよくない。
  常に、相手の打球によって即座に対応できる姿勢でなければならない。
  したがって、極端な前傾姿勢やのけぞったスタイルも適当ではない。

  すぐに対応できるような構えが基本姿勢だ。
  全身に無駄な力みがなく、膝を軽く曲げた状態が良いだろう。

基本姿勢はレシーブの構えとは異なる
  では、基本姿勢でレシーブするのかというと違う。
  基本姿勢とレシーブでは、構えの意味が異なる。

  基本姿勢は、プレー中に相手の打球に対して、機敏に対応できる
  姿勢のことである。
  したがって、一球打つごとに基本姿勢に戻り次のボールに備える。

  しかし、レシーブの構えは、相手のサービスに対する備えであって、
  相手サービスや作戦などによって構えを変える。

  たとえば、相手が下回転のサービスを多く出すことが分かり、
  その下回転サービスを予測して待球するとしよう。
  するとレシーブの構えは、ラケット面をやや上向きにしてツッツキの
  準備をしたり、サービスのツーバウンド目が台から出たら
  ドライブ攻撃できるような体勢で構えたりする。
  同様に、相手サービスを予想して、姿勢を低く構えることも、高く
  構えることもある。

  つまり、基本姿勢はプレー中の構えであり、レシーブの構えは
  レシーブ時だけの構えと言うことになる。
  そして、レシーブ後にプレーが続けば、プレー中は常に基本姿勢に
  戻りながらゲームが展開されることになる。
良い基本姿勢とは
  基本的に、良い姿勢は自然体でなければならない。
  ボクシングの構えのようなもので、機敏で即座に体が動ける姿勢だ。

  そこで、良い基本姿勢の条件を上げてみよう。
  ・ 膝を曲げすぎない(重心が低すぎるとスタートが遅くなります)
  ・ スタンスが広すぎない(自分の戦型に合ったスタンスの広さに)
  ・ あごは上げすぎず下げすぎずが良い

相手によって基本姿勢を変えてよい
  相手の攻撃パターンがはっきりと読めたのなら、同じ基本姿勢を
  維持する必要はない。
  相手によって、基本姿勢委を変えても良いだろう。

  たとえば、相手がストップやツッツキの多い選手だとしよう。
  そうしたタイプの相手だったら、こちらは高めの基本姿勢を取り、
  ストップやツッツキに対してすぐに台上処理に入れるようにする。

  この姿勢ならば、チャンスボールに対して機敏に攻撃態勢に入れる。

HOMEマンガ制作Illustration卓球お役立ち情報FriendsLinkSiteMap
マンガ制作のとんぼスタジオ
All Copyright(C)tatsuo takahashi
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁じます。