絶対に卓球が上手くなりたいと日々努力している卓球仲間のためのサイト
ラケット
卓球がメチャうまくなる!卓球上級編卓球の戦型メンタル面の強化卓球の基本姿勢
ラケット ラバー 用具その他
 HOME卓球がメチャうまくなる>ラケット
髙橋達央の似顔絵
卓球の技術
卓球上級編
前陣速攻型の戦術
ドライブ攻撃型の戦術
守備型の戦術
上級者のサービス
上級者のレシーブ

卓球の戦型

メンタル面の強化

卓球の基本姿勢
卓球の基礎
フォアハンド
バックハンド
ツッツキ
ショート
・サービス
 ・下回転サービス
 ・上回転サービス
 ・ナックルサービス
 ・横回転サービス
 ・横上回転サービス
 ・横下回転サービス
レシーブ
スマッシュ
フォアハンドドライブ
バックハンドドライブ
・カット
 ・フォアカット
 ・バックカット

卓球の用具
ラケット
ラバー
用具その他

マンガ家・高橋達央のオフィシャルサイト
4コマ漫画制作/「ピンポンぱん」
電子コミック制作/「きらめく星座」
卓球王国復活だ!がんばれ!!ニッポン!!
卓球マンガ制作/「きらめく星座」
漫画制作/「花丸たっきゅう」
高橋のお友だち
漫画制作のとんぼスタジオ
自分史マンガの制作/マンガ制作のとんぼスタジオ
あなたの文書をマンガ化いたします/漫画制作のとんぼスタジオ
イベント漫画制作
ペットの似顔絵制作
感謝状漫画ハガキ/還暦
マンガ制作について
マンガでわかる礼文町の歴史/北海道礼文町教育委員会
マンガ制作のサンプル1
漫画の制作講座
マンガ制作単行本/「電気回路」
単行本漫画制作/「太陽電池」
卓球/シェークハンドラケット
シェークハンドラケット
  握手をするようにグリップを握ることからシェークハンドラケットと
  呼ばれている。
  ラケットの両面にラバーを貼り、フォアハンドとバックハンドで
  攻撃できるラケットだ。
  両面に同一のラバーを貼ったり、異質のラバーを貼って質の異なる
  ボールを出すことができる。
  しかし、両面にラバーを貼ることでラケットが重くなる。

  さらに、シェークハンドラケットのグリップの形状は4種類ある。
  一般的なグリップはストレートとフレアだ。

・ストレート(ST)
  根元から均一な太さのグリップで、握りによってラケットの角度を
  変えやすいのが特徴です。
  また、グリップの太さはラケットの種類によって異なる。

・フレア(FL)
  握りの部分が細く、裾がスカートのように広がっているグリップ。
  手にフィットし、ラケット面を固定させやすいのが特徴。

・アナトミック(AN)
  フレアグリップの手のひらの部分にふくらみがある形状。
  ラケットを握ったときのフィット感はどのラケットよりも良い。
  そのために、ラケットの角度を固定させやすいグリップ。

・コニック(CO)
  ストレートグリップの根元を細くしたような形状。
  フレアグリップと似ているが、自由度が高く握りが固定されない。

ペンホルダーラケット
  ペンを持つように握ることからペンホルダーラケットと呼ばれている。
  かつてはラケットの片面だけにラバーを貼っていたが、最近は
  中国式ペンのようにラケットの裏面にもラバーを貼る選手も多い。
  裏面打法といって、シェークハンドのようにラケットを振って
  バック面でも攻撃する。

  日本式グリップと中国式グリップの特徴は以下の通り。
(1)日本式グリップ
  グリップの上部はコルクでできている。
  このコルク部分に人差し指を引っかけるようにして握る。
  さらに、日本式のラケットは、板(ブレード)の形状で分類される。

・角型
  角張った形状で、ドライブやスマッシュなど遠心力を使ったスイングに
  適している。
  攻撃重視の選手に向いたタイプ。

・丸型
  丸型の形状で、台上技術やフォア・バックの切り替えなど前陣プレーに
  向いている。
  速攻タイプの選手に適している。

・角丸型
  角型と丸型の中間的なブレードで、クセがないオールラウンドタイプ。

(2)中国式グリップ
  シェークハンドグリップに似ているが、グリップ部分が短い。
  人差し指を引っかける部分の面積が少なく、わしづかみで握るのが
  一般的だ。

ラケットのブレードと弾み
  ブレードによって、打球が弾んだり弾まなかったりする。
  その要因には2つある。

  ひとつは、ラケットの厚さや木材の種類によって弾みが異なると
  いうこと。
  もうひとつは、合板の構成によっても弾み方が異なるということだ。

  単板であれば、一枚の板ですからわかると思う。
  しかし、合板構成というのは、板と板を貼り合わせるだけでなく、
  特殊素材を貼り合わせたりする。
  つまり、この組み合わせや板の材質によって弾みに特徴が出てくる
  わけだ。
  一般に、合成枚数が多いほどよく弾むといわれている。

  おそらく、合成する枚数が多くなると、それだけラケットが
  硬くなるからだろう。
  そして、硬いラケットは打球時のボールとの接触時間が短いので、
  柔らかいラケットに比べて回転がかけにくくなる。
  つまり、硬いラケットで打球すると、ボールは当たってすぐに飛び出す
  わけである。

  ラケットの木材構成は以下のようになる。
・単板
  1枚の板で作られ、ほとんどが桧材。
  日本式ペンラケットの多くがこの単板。
  ペンドライブの選手に適している。

・3枚合板
  扱いやすいのですが、数が少ない。
  初心者に向いている。

・5枚合板
  一般的な合板のラケット。
  使う木材などによて弾み方はかなり異なる。

・7枚合板
  硬くてよく弾む。
  重いラケットが多く、上級者の攻撃型に向いている。

・特殊素材入り合板
  木材の間に、メーカー独自の特殊素材を貼り合わせる。
  たとえば、カーボンやアリレート、グラスファイバーなど。

HOMEマンガ制作Illustration卓球お役立ち情報FriendsLinkSiteMap
マンガ制作のとんぼスタジオ
All Copyright(C)tatsuo takahashi
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁じます。