絶対に卓球が上手くなりたいと日々努力している卓球仲間のためのサイト
レシーブ
卓球がメチャうまくなる!卓球上級編卓球の戦型メンタル面の強化卓球の基本姿勢
フォア
ハンド
バック
ハンド
ツッツキ ショート 下回転
サービス
上回転
サービス
ナックル
サービス
横回転
サービス
横下回転
サービス
横上回転
サービス
レシーブ スマッシュ フォアハンド
ドライブ
バックハンド
ドライブ
フォア
カット
バック
カット
 HOME卓球がメチャうまくなる>レシーブ
髙橋達央の似顔絵
卓球の技術
卓球上級編
前陣速攻型の戦術
ドライブ攻撃型の戦術
守備型の戦術
上級者のサービス
上級者のレシーブ

卓球の戦型

メンタル面の強化

卓球の基本姿勢
卓球の基礎
フォアハンド
バックハンド
ツッツキ
ショート
・サービス
 ・下回転サービス
 ・上回転サービス
 ・ナックルサービス
 ・横回転サービス
 ・横上回転サービス
 ・横下回転サービス
レシーブ
スマッシュ
フォアハンドドライブ
バックハンドドライブ
・カット
 ・フォアカット
 ・バックカット

卓球の用具
ラケット
ラバー
用具その他

マンガ家・高橋達央のオフィシャルサイト
4コマ漫画制作/「ピンポンぱん」
電子コミック制作/「きらめく星座」
卓球王国復活だ!がんばれ!!ニッポン!!
卓球マンガ制作/「きらめく星座」
漫画制作/「花丸たっきゅう」
高橋のお友だち
漫画制作のとんぼスタジオ
自分史マンガの制作/マンガ制作のとんぼスタジオ
あなたの文書をマンガ化いたします/漫画制作のとんぼスタジオ
イベント漫画制作
ペットの似顔絵制作
感謝状漫画ハガキ/還暦
マンガ制作について
マンガでわかる礼文町の歴史/北海道礼文町教育委員会
マンガ制作のサンプル1
漫画の制作講座
マンガ制作単行本/「電気回路」
単行本漫画制作/「太陽電池」
レシーブについて
  卓球を始めて、もっとも難しいと思うのがレシーブである。
  様々な回転と、どこに出されるか分からないサービスに対して、
  的確にレシーブしていくのは上級者でも大変だ。

  しかし、回転の仕組みを理解すれば、大部分の問題は解決できる。
  そして、その回転に対抗する適切なレシーブテクニックを覚えれば、
  ほとんどのサービスが返球できるようになる。

レシーブの基本
  卓球競技は、サービスに始まり、それをレシーブするところから
  ゲームが展開していく。
  したがって、レシーブができなければ試合にならない。

  まず、レシーブの基本は、相手コートにボールを入れること。
  どんなレシーブでも良いですから、まずサービスを返球しなければ
  ならない。
  今度は、そのサービスを低く返球したり、コースを厳しくしたり、
  あるいは攻撃的なレシーブができるように強化していく。

  レシーブの構えは、どこにサービスを出されても対応できるような
  姿勢で待球することだ。
  たとえば、やや高めの重心で構える。
  重心が低いと、それだけスタートが遅くなる。

上回転サービスに対するラケットの角度
  上回転のかかっているサービスに対しては、通常のフォアハンドと
  同じ角度でラケットを出すと相手コートに入っていく。
  ボールにトップスピンがかかっているから、フォアハンドの
  ラケット角度のように、やや被せ気味に当てるだけで相手コートに
  返球できる。

  返球を低く入れるためには、ラケット角度をもう少し前傾させる。
  あるいは、強めに当てることで調整できる。

下回転サービスに対するラケットの角度
  下回転のかかっているサービスに対して、通常のフォアハンドと同じ
  角度でラケットを当てると、ボールは下に落ちてしまう。
  したがって、バックスピンがかかっていたら、ラケット角度を
  上向きにすれば相手コートに入ることになる。

  通常は、下回転のかかったサービスにはツッツキで対応する。

下回転サービスに対するレシーブ
  サービスの下回転が多い場合は、台上でのバウンドが短くなる。
  したがって、必ず近くに体を寄せてレシーブする。
  ラケットのテイクバックの高さは、サービスが切れていたら低く、
  切れていなければ高くする。
  同様に、待球時の姿勢も調整する。
  相手のサービスが切れていたら姿勢を低くし、逆に切れていなかったら
  高い姿勢で待つ。
  このとき、膝を使って姿勢を調整する。

  ラケットの動きは、切れたサービスの場合はラケット面を上に向け、
  水平かややすくい気味に打つ。

  切れていない場合は、ラケット面をやや下に被せ、肩ぐらいの位置から
  ネットの一番下部分に向け、押さえ込むような感じに打つ。

横回転サービスに対するレシーブ
  横回転サービスの打球点を落としすぎるとダメ。
  できるだけ頂点か、それ以前の打球点で打つようにしよう。
  相手サービスが横回転だと判断したら、すぐに前へ出る。
  そして頂点を狙い、通常のフォアハンドで打つつもりで打球する。

  ボールの頭を叩くようなつもりで打つと良い。
  ただし、大振りはいけない。
  短い振りで、シャープに、スパッとボールの頭の上を水平に
  振り切るような感覚だ。

  横回転サービスに対しては、できるだけ高い姿勢を保つ。
  つま先で伸び上がるような気持ちで、高い位置を保つのだ。
  ラケットも上から持っていくような感じで振る。

横下回転サービスに対するレシーブ
  横下回転サービスを出すとき、相手はレシーブ後の3球目に対して
  ドライブやカットを考えてく。
  つまり、長いラリーに持っていくために、横系の回転サービスを出す
  わけである。
  したがって、サービス後は台から下がろうとする。

  ということは、サービスを出す側は、レシーブのボールが
  ツーバウンドするような短いボールだと困るわけだ。
  台から下がろうとしてるときに、短いボールが返ってくるわけだから、
  ミスが出やすくなる。
  そして、相手がミスをしてボールを浮かせたら、こっちはそのボールを
  強打すれば良いのである。

  つまり、横下回転サービスに対しては、まず短く小さいボールで
  返球することが大事だ。

  また、相手が長目の横下回転サービスを出してきたら、こちらは
  ドライブかカットで返球する。

HOMEマンガ制作Illustration卓球お役立ち情報FriendsLinkSiteMap
マンガ制作のとんぼスタジオ
All Copyright(C)tatsuo takahashi
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁じます。