絶対に卓球が上手くなりたいと日々努力している卓球仲間のために
ショート
卓球がメチャうまくなる!卓球上級編卓球の戦型メンタル面の強化卓球の基本姿勢
フォア
ハンド
バック
ハンド
ツッツキ ショート
下回転
サービス
上回転
サービス
ナックル
サービス
横回転
サービス
 横下回転
サービス
 横上回転
サービス
レシーブ   スマッシュ
フォア
ドライブ
 
バック
ドライブ
 
 フォア
カット
バック
カット
 
 HOME卓球がメチャうまくなる卓球の基礎>ショート
髙橋達央の似顔絵
卓球の技術
卓球上級編
 前陣速攻型の戦術
 ドライブ攻撃型戦術
 守備型の戦術
 上級者のサービス
 上級者のレシーブ

卓球の戦型

メンタル面の強化

卓球の基本姿勢
卓球の基礎
 フォアハンド
 バックハンド
 ツッツキ
 ショート

サービス
 下回転サービス
 上回転サービス
 ナックルサービス
 横回転サービス
 横上回転サービス
 横下回転サービス

 レシーブ
 スマッシュ
 フォアハンド
  ドライブ

 バックハンド
  ドライブ


カット
 フォアカット
 バックカット

卓球の用具
 ラケット
 ラバー
 用具その他

マンガ家・高橋達央のオフィシャルサイト
4コマ漫画制作/「ピンポンぱん」
電子コミック制作/「きらめく星座」
卓球王国復活だ!がんばれ!!ニッポン!!
卓球マンガ/「きらめく星座」
卓球漫画/「花丸たっきゅう」
キーワード夢占い
漫画制作のとんぼスタジオ
自分史
あなたの文書をマンガ化いたします
イベント漫画
ペットの似顔絵
感謝状ハガキ/還暦
マンガ制作について
マンガでわかる礼文町の歴史/北海道礼文町教育委員会
広告マンガのサンプル1
漫画の制作講座
マンガ制作単行本/「電気回路」
単行本漫画制作/「太陽電池」
ショートについて
 バックハンドで、ボールをラケットに当てるようにして
 返球する打法が「バックハンドショート」で、通常は
「ショート」と呼ばれて守備的な打法だ。
 相手が強打したボールを、相手コートに止めて入れる
 ような打法が「ストップショート」である。
 逆に、攻撃的で押すようなショートを「バックハンド
 プッシュ」と呼んでいる。

 一般的には、「プッシュ」と言う。
 とくに、ペンホルダーの場合は、このショートが非常に
 大事な技術だ。
 日本では、ペンハンドとシェークハンドとでは打法の
 言い方が若干違う。
 しかし、基本的なショートの打ち方はほとんど同じ。

 ちなみに、ペンの場合は、止めるだけの打法はバック
 ショート、通常はショートと言い、スイングを伴うと
 バックハンドロングなどと言う。

 シェークの場合は、バックハンドブロックと言ったり、
 多少振るショーツをハーフボレーと言ったりする。
 また、バックハンドロングやハーフボレーを、単に
 バックハンドと言うこともある。
ペンのバックショートの打ち方
ショートの打ち方
 右利きのペンホルダーの場合、やや左足前のスタンスで
 構える。
 常に、体の正面でボールを捕らえ、相手コートに正確に返す
 ようにする。
 ラケットは台の高さから振り出し、打球した後はスイングを
 止めるようにする。

 ツッツキ同様にスイングをコンパクトにするのがポイント。
ペンホルダーの
バックハンドショート
 ペンホルダーのラケットを使う場合、シェークハンド
 ラケット以上に指を使う。
 とくに、バックハンドショートの際には親指をラケットから
 離し、やや浮かすようにしないとラケットの角度がうまく
 出せない。

 打つときに親指を浮かせて、打球し終えたらまた指を
 ラケットにつけるようにする。
 ラケットの裏面を支える指、とくに中指と薬指にも、
 ラケットを支えるために打球時には力を入れる。
バックハンドの
ハーフボレーとは
 一般にシェークハンドのバック系技術の基本はハーフボレー
 だ。
 右利きの場合、やや左足前か平行足のスタンスが基本。

 平行足というのは、両足が台のエンドラインと平行に立つと
 いうことである。
 相手側に正対するスタンスだ。
 そして、台の近くで体の正面でボールを捕らえる。
 そのとき、肘は体からやや離したところに置き、肘を支点に
 したスイングで打球するようにする。

 肘を体から離すことで、ラケットをスイングする空間を作る
 ことができる。
 また、フォアハンドと同様に、ラケットの振り出しは台の
 高さくらいが基本で、前上方向にコンパクトに振る。
 卓球で言うハーフボレーというのは、バウンド直後に
 打球する打法である。
 テニスのボレーとはちょっと違う。
 テニスで言えば、ライジングショットのような打法だ。

 一般に、シェークハンドの選手が早い打球点でバックハンド
 を打つ打法のことである。
ハーフボレーの注意点
 ハーフボレーの際にボールをこねるような打ち方はダメだ。
 肘からラケットまでが真っ直ぐに伸びないので、手首だけで
 打球する感じになる。
 これでは、ボールが不安定になってしまう。

 また、肘の位置が固定せず、上に上がってしまうのも良く
 ない。
  |HOMEマンガ制作Illustration卓球情報FriendsLinkSiteMap
ロゴ
とんぼスタジオ

All Copyright(C) 2010 Tombo Studio
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁ずる。