絶対に卓球が上手くなりたいと日々努力している卓球仲間のためのサイト
守備型の戦術
漫画制作/試合開始前
卓球がメチャうまくなる!卓球上級編卓球の戦型メンタル面の強化卓球の基本姿勢
前陣速攻型の
戦術
ドライブ
主戦型の戦術
守備型の戦術 上級者の
サービス
上級者の
レシーブ
 HOME卓球がメチャうまくなる>守備型(カットマン)の戦術
髙橋達央の似顔絵
卓球の技術
卓球上級編
前陣速攻型の戦術
ドライブ攻撃型の戦術
守備型の戦術
上級者のサービス
上級者のレシーブ

卓球の戦型

メンタル面の強化

卓球の基本姿勢
卓球の基礎
フォアハンド
バックハンド
ツッツキ
ショート
・サービス
 ・下回転サービス
 ・上回転サービス
 ・ナックルサービス
 ・横回転サービス
 ・横上回転サービス
 ・横下回転サービス
レシーブ
スマッシュ
フォアハンドドライブ
バックハンドドライブ
・カット
 ・フォアカット
 ・バックカット

卓球の用具
ラケット
ラバー
用具その他

マンガ家・高橋達央のオフィシャルサイト
4コマ漫画制作/「ピンポンぱん」
電子コミック制作/「きらめく星座」
卓球王国復活だ!がんばれ!!ニッポン!!
卓球マンガ制作/「きらめく星座」
漫画制作/「花丸たっきゅう」
高橋のお友だち
漫画制作のとんぼスタジオ
自分史マンガの制作/マンガ制作のとんぼスタジオ
あなたの文書をマンガ化いたします/漫画制作のとんぼスタジオ
イベント漫画制作
ペットの似顔絵制作
感謝状漫画ハガキ/還暦
マンガ制作について
マンガでわかる礼文町の歴史/北海道礼文町教育委員会
マンガ制作のサンプル1
漫画の制作講座
マンガ制作単行本/「電気回路」
単行本漫画制作/「太陽電池」
対ドライブ主戦型の戦術
  ドライブ主戦型の選手はドライブが最大の武器だから、
  カットマンとしては相手に十分なドライブをかけさせないように
  工夫することが重要である。

  そのためには、まず単調なレシーブをしないこと。
  とくに、単調なツッツキだけのレシーブでは、ちょっと台から出たら
  ドライブ攻撃されてしまう。

  レシーブには変化をつけ、相手十分なドライブを打たせないように
  する。

  たとえば、切るツッツキと切らないツッツキを送る。
  もちろん、短いレシーブが条件だ。
  切るツッツキを送っておくと、相手は持ち上げようとしてくる。
  しかし、同じようなモーションで切らないツッツキを送ると、相手は
  ボールを浮かせてしまう。
  それを狙って強打すれば良い。

  また、ツッツキを送るコースも変える。
  いつも同じコースではなく、回転の変化とコースの変化で相手の
  予測項目を増やすことで、相手十分を避けることができる。
  こうしたレシーブに、さらにフリックなどの払いの技術を加える。

  フリックは、相手のミドルに狙うと有効である。
  ミドルに送ると、相手は強打できずつないでくる。
  チャンスボールが上がる可能性もある。
  そして、相手がつないできたらカットにもっていき、
  チャンスボールに対しては、攻撃マンさながらの強打でポイントを
  狙う。

  ただし、相手がこちらの強打をしのいできたら、深追いは止めよう。
  相手との打ち合いに持っていくのではなく、あくまでカットで
  対抗するのである。
  そして、不敗の戦術で相手より一本多くつないで得点することを
  考えよう。

  守備型の基本は、あくまで「守備」である。

対前陣速攻型の戦術
  前陣速攻型の選手相手では、カットが浅く入るとストップやミート
  打ちなどで振り回されてしまう。
  したがって、エンドラインぎりぎりに深く入るカットを心掛けよう。

  また、切れたカットより切れないカットの方が有効である。

対カット主戦型の戦術
  カットマン同士の対戦は、攻撃力の差で勝負が決まるケースが
  多いので、チャンスボールは積極的に攻撃していくことが大切だ。
  逆に、相手に攻撃を許してしまうようなボールは、決して送らない
  ようにしよう。

  また、カットマン同士の戦いは、ツッツキあいが長引いて促進に
  入ることがある。
  とくに、女性同士のカットマンの試合に多い。

  そこで、カットマン同士の戦術を促進ルールを加味して考えてみる。
  ちなみに、促進に入ったらサーバーは13球目までに得点しないと、
  相手レシーバーの得点になってしまう。

  では、促進ルールに入る前はどうであろうか。
  まず、ツッツキで粘っていた方が良いのは、以下のような場合だ。
  ・ 自分は攻撃が下手
  ・ ツッツキの粘りあいでは自分の方が上
  この状況下では、ツッツキで粘った方が有利である。

  次に、攻撃を入れた方が良いのは、以下のような場合だ。
  ・ ツッツキなどの粘りあいでは互角か相手が上
  ・ 促進ルールに入ったら主として攻撃で得点を狙いたい
  この状況下では積極的な攻撃が有効だ。

  では、促進ルールに入ったらどうだろうか。
  よく、促進に入ったら3球目攻撃や5球目攻撃をどんどん
  仕掛けていく、というカットマンがいる。

  しかし、これでは相手のカットマンにとって、比較的楽な相手と
  なってしまう。
  つまり、相手が攻撃型と同じように打ってきて、しかも攻撃型より
  攻撃が上手ではないのである。
  この場合の攻め方は、いつ攻撃するか分からないように攻撃する
  ことが大事だ。
  たとえば、3球目攻撃したり12球目に攻撃したり、攻撃パターンを
  一定化させないことである。

  また、ほとんどのカットマンはミドルが弱点である。
  このミドルを先に攻めることも重要。

  さらに、相手の意表をつく攻撃も有効だ。
  たとえば、自分がレシーブの時に、相手が打とうとする姿勢が
  見え見えだとしよう。
  そのようなときに、先にこちらから攻撃を仕掛けていく。
  相手の気持ちが攻撃に向いているときで、相手の防御が最も手薄な
  ときである。

  こうした意表をつく攻撃は相手を攪乱しミスを誘うこともできる。

表ソフトラバーの速攻選手との戦術
  表の速攻型選手がカットマンと戦うときには、まずスマッシュと
  ストップを混ぜて、早いタイミングで前後に揺さぶってくる。
  そのとき、スマッシュとストップの両方をとろうとするとミスが
  増える。
  どうも上手くいかない。

  そこでストップに的を絞る。
  その時、ストップを返せないほどに台から下がりすぎないように
  しよう。
  というのは、速攻型の選手は先にストップをして、カットマンを
  台の近くにおびき寄せてからスマッシュを打ってくるからだ。

  つまり、ストップでミスをすると相手の強打を受けることに
  なるので、スマッシュの前のこのストップボールの処理を上手に
  行うことが大事なのだ。

  たとえば、ストップされたボールが浮かないように短く返球する。
  相手は、ストップ後の強打を狙っているので、それができないような
  ボールを返球すると言うわけである。
  あるいは、相手のミドル深くにナックル気味のボールを返すことも
  有効かもしれない。

  つまり、相手が強打できないボールを返すわけだ。
  そのボールを相手が慌てて浮かせてくれたら、こちらから強打して
  いく。

  また、カットをできるだけ深く返すことも重要である。
  これは、相手がストップしにくいボールなのだ。
  なにしろ、カットマンの戦い方の基本として、相手十分のボールを
  打たせないことが大事である。

  また、台の近くで強打されないようにする。
  ストップ後の強打に対する備えも大事だが、他にもある。
  相手はショートサービスを多く出してくるだろう。
  その意図は、カットマンを台近くに引き付けておくためだ。
  そして、チャンスボールが来たら、すかさず強打してくる。
  したがって、ショートサービスに対するレシーブの強化が大事に
  なってくる。

  さらに、前陣で粘る相手のボールは、前進回転があまりかかって
  いないことが多い。

  そうしたボールをカットすると、どうしてもショートしがちで、
  ネットミスが多くなってしまう。
  そのように前進回転の少ないボールに対しては、前方への押しを
  しっかり行うこと。
  この押しが足りないと、カットが浅く入ったりネットミスが多く
  なる。

カットでの切り替え
  試合になると、相手は前後左右に揺さぶりをかけてくる。
  こうした揺さぶりに対処するために、カットマンは素早い体の
  切り替えをマスターしていなければならない。
  相手の揺さぶりに動じない堅い守りが、ミスの少ないカットマンの
  条件だ。

  そこで、基本のカットが安定してきたら、フォアとバックの
  切り替えを練習しておこう。

  その際に、フォアからバックへ、またその逆に動いたときに、
  スタンスが狭くならないように気をつけること。

左右の切り替え
  まず、右利きの場合、左足前の体勢を作り、体重を右足から左足に
  移動させながらカットする。
  次に、素早く平行足の基本姿勢に戻り、ボールをよく見て右足を
  蹴ってバックサイドへ移動する。
  さらに、左足も順に送る。
  右足前の体勢を作り、左足に体重を乗せる。
  そして、右足に体重を移動させながらバックカットをする。
  その後、フォアカットに備えて、すぐに基本姿勢に戻る。

ミドルでの切り替え
  まず、基本姿勢から右足を左足の後ろに運ぶ。
  そして、左足を前に出し、懐を十分に深くしてフォアカットする。
  次に、体重移動を利用して右足を前に送り、基本姿勢の戻ったら、
  左足を後ろに送りバックカットの体勢を作る。

  そして、懐を深くしてバックカットをした後で、左足を送って
  平行足の基本姿勢に戻る。

●ミドルカットのポイント
  卓球台に対して直角になるくらい、体を横向きにしてカットする。
  体の切り替えが不十分だと懐が狭くなってしまう。
  そのために、腕だけのスイングになりがちなので気をつけよう。

  懐を広く取るということは、バックスイングするだけの空間を作ると
  いうことだ。
  このバックスイングが不十分だと、良いカットは打てない。

急場しのぎのカット
  試合中には、時間的な余裕がなく、とっさにカットせざるを得ない
  ことがよくある。

  最も多いのが、台の近くにいるときに強打されたときだ。
  たとえば、相手がストップしてきて自分がそのボールを浮いて
  返球したら、当然相手は強打してくる。
  そのボールをカットするのは大変だ。

  そこで、カット体勢が不十分なときにできる、急場のカットを
  ご紹介しよう。
  ただし、このカットは咄嗟に出すカットなので、カットの基本が
  できてから練習することをお薦めしたい。

伸び上がりフォアカット
  台の近くにいるときに強打されたら、まず相手のボールをよく見る。
  次に、体を伸び上がるように背筋を立て、ラケットを咄嗟に振り
  上げる。
  そして、振り上げたラケットを真下にスイングし、カットする。
  いわゆる前陣カットだ。
  この際に、フリーハンドを上げてバランスを取るようにする。
  また、振り上げたラケットの高さは、高すぎないようにする。
急場しのぎのミドルカット
  突然フォアミドルをつかれたら、体を台と直角にひねる時間がない。
  その場合には、まず、右足を後ろに引きながらボディワークを使って
  カットする。

  ラケットを右から左にスライドさせて、ボールにシュート回転を
  かけるようにカットする。

横回転バックミドルカット
  左足を後ろに引く余裕がないときに使うカットだ。
  まず、ラケットを素早く横に振り上げる。
  次に、バックの左回転サービスと似たスイングでカットする。
  このカットは横回転がかかり、相手コートに入ると曲がる。
  より攻撃的なカットである。
切り下ろしバックミドルカット
  台の近くにいるときに相手にミドルに強打されたときに使うカット。
  時間的に余裕はありませんが、バックスイングでラケットを胸の
  高さにまで取ることがポイントだ。
  そして、自分のお腹を切り取るような感じで、上から下に直線的に
  鋭く振り下ろす。

  ミドルに強打されたら、お腹を丸める感じで懐を広くするとカットは
  やりやすくなる。

攻撃的なカット
  カットは相手の攻撃球を拾うための技術だと思いがちだが、使い方に
  よっては攻撃的な武器ともなる。
  たとえば、カットが速いと相手は詰まってしまい、持ち上げるような
  打ち方になる。
  また、カットの打球点が見えないと、カットの切れ具合が
  判断しずらくなる。
  そうしたカットは相手にとってかなり厄介である。

打球点の高いフォアカットとバックカット
  相手が、ループドライブや緩いつなぎのボールを送って来たときに
  使うカットだ。
  高い位置からカットするので、打球は上から下の軌道で相手コートに
  突き刺さるように入っていく。
  すると、相手は持ち上げるようなスイングになり、浮いたボールが
  返ってくることが多くなる。
  そのチャンスボールを強打する。

  まず、相手の高いボールに対して、姿勢を伸ばし上体をを高く保つ。
  次に、バックスイングを高めに取り、インパクトは胸の高さが目安。
  そして、鋭いスイングでラケットを振り下ろす。

  このカットは、より攻撃的なカットとなる。

打球点の低いフォアカットとバックカット
  打球点の低いカットは、相手の浅いループドライブなどに使う。
  このカットは、インパクトの瞬間が台の下に隠れて相手選手から
  見えない。
  つまり、相手から見えない状態にして、変化のわかりずらいカットを
  送るわけである。
  とくに、横回転やナックルカットを送ると、相手は引っかかって
  くれる。

  ただし、山なりのカットになりやすく、浅いカットは禁物だ。
  相手の強打の餌食になってしまうので、くれぐれも深いカットを
  入れるようにしよう。

  まず、相手のボールを見極め、浅いボールと判断したら
  左足(右利きのフォアカットの場合)をしっかりと踏み出す。
  次に、床すれすれでインパクトする。
  そして、左足に体重移動させ(右利きのフォアカットの場合)、
  そのまま姿勢を起こす。

  このカットの注意点として、平行足のままカットをすると変化を
  つけずらくミスも出やすいので、必ず体を捻った状態にしてから
  カットするようにしよう。

HOMEマンガ制作Illustration卓球お役立ち情報FriendsLinkSiteMap
マンガ制作のとんぼスタジオ
All Copyright(C)tatsuo takahashi
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁じます。