絶対に卓球が上手くなりたいと日々努力している卓球仲間のためのサイト
ツッツキ
卓球がメチャうまくなる!卓球上級編卓球の戦型メンタル面の強化卓球の基本姿勢
フォア
ハンド
バック
ハンド
ツッツキ ショート 下回転
サービス
上回転
サービス
ナックル
サービス
横回転
サービス
横下回転
サービス
横上回転
サービス
レシーブ スマッシュ フォアハンド
ドライブ
バックハンド
ドライブ
フォア
カット
バック
カット
 HOME卓球がメチャうまくなる>ツッツキ
髙橋達央の似顔絵
卓球の技術
卓球上級編
前陣速攻型の戦術
ドライブ攻撃型の戦術
守備型の戦術
上級者のサービス
上級者のレシーブ

卓球の戦型

メンタル面の強化

卓球の基本姿勢
卓球の基礎
フォアハンド
バックハンド
ツッツキ
ショート
・サービス
 ・下回転サービス
 ・上回転サービス
 ・ナックルサービス
 ・横回転サービス
 ・横上回転サービス
 ・横下回転サービス
レシーブ
スマッシュ
フォアハンドドライブ
バックハンドドライブ
・カット
 ・フォアカット
 ・バックカット

卓球の用具
ラケット
ラバー
用具その他

マンガ家・高橋達央のオフィシャルサイト
4コマ漫画制作/「ピンポンぱん」
電子コミック制作/「きらめく星座」
卓球王国復活だ!がんばれ!!ニッポン!!
卓球マンガ制作/「きらめく星座」
漫画制作/「花丸たっきゅう」
高橋のお友だち
漫画制作のとんぼスタジオ
自分史マンガの制作/マンガ制作のとんぼスタジオ
あなたの文書をマンガ化いたします/漫画制作のとんぼスタジオ
イベント漫画制作
ペットの似顔絵制作
感謝状漫画ハガキ/還暦
マンガ制作について
マンガでわかる礼文町の歴史/北海道礼文町教育委員会
マンガ制作のサンプル1
漫画の制作講座
マンガ制作単行本/「電気回路」
単行本漫画制作/「太陽電池」
ツッツキの打ち方
  飛んでくるボールに合わせて、まずラケットを打球面の後ろに持って
  いく。
  そして、ラケット面を上向きにしたまま、短いスイングで前方に
  押し出すようにする。
  この際に、大きなバックスイングは必要ない。
  面を上向きにしたまま押し出す際に、ボールの底を少し切るように
  打球し、山なりの軌道で返す。

  打球点はバウンドの頂点付近か少し落ちるところ。
  体とラケットが離れないように注意しよう。
  なるべく体の近くで打球し、打球後にスイングは止めるようにする。
  なるべく小さなスイングである。

●ツッツキの練習
  最初は、まず相手のコートに確実に入れるように練習する。
  次に、低く入れることを心掛けて練習するようにしよう。
  さらに、左右に正確に入れたり、また長く入れたり短く入れたりと、
  コントロールの精度を高めていく。
  最終的には、強く切ったり無回転を送ったりと、ツッツキに変化を
  つけられるようになろう。

 「ツッツキ」は、英語圏では「push」で「押す」という意味だ。
  実際のツッツキ技術と「押す」という感覚は若干異なるが、ラケットを
  横に動かすのではなく前に出すという意味では「押す」感覚かも
  しれない。

 「ツッツキ」は卓球独特の用語で他の競技にはない。
  ボールをちょこんとつっつく動作から、「ツッツキ」と呼ばれる
  ようになったらしい。
  たとえば、「ツッツキを送る」とか「相手のフォア側にツッツク」
  という使い方をする。

  基本的に、ツッツキは台上処理の技術だ。
  台上で相手の下回転のボールに対して、自分も下回転で返球する。
  しかし、台から離れて、下回転で打球する技術は「カット」という。
  あるいは「チョップ」と呼ばれる。
  そして、カット技術を中心に戦う選手を「カットマン」というが、
  外国では「チョッパー」と呼んでいる。
卓球・フォアのツッツキ01
バックハンドのツッツキ
  フォアとバックの基本的な打ち方(フォアハンドとバックハンド)を
  覚えたら、次に覚えるのがツッツキだ。
  ツッツキは、相手が打ったボールに下回転がかかっている場合に、
  同じように下回転で返す打ち方である。

  ツッツキは、初心者も上級者であっても試合中には必ずといって
  よいほど使う技術だ。 
  しかも、試合の得点や失点に直接結びつく技術でもある。
フォアハンドのツッツキ
  基本的にフォア前に来た短い下回転のボールに対して多用する。
  たとえば、フォア前に来た短いサービスをレシーブするときに、
  フォアハンドのツッツキで、ボールに下回転をかけて返球する。
  この際に、ボールに体を寄せて打球する。
  これはバックハンドのツッツキと同じで、なるべく体の近くで
  打球するようにする。

  右利きの選手なら、右足を踏み込んで打球する。
  踏み込む足の位置は打球点の下付近。
  このように、打球点の下に足を踏み込んでいくことで、ボールに体を
  寄せていくことができる。

  とくにフォアハンドのツッツキは、しっかりと足を踏み込み、手だけで
  打つのではなく体をしっかりと寄せて打つことが大事である。
フォアハンドとバックハンドのツッツキ
  ツッツキを多く使う場面はレシーブの時だ。
  相手が小さい下回転サービスを出してきたらツッツキでレシーブする。
  ただし、台上での払いができる場合はフリックでも良い。
  とくに、試合中はこのツッツキが次の展開に直結するため、できるだけ
  コンパクトに、かつ素早く打球する。

  相手ボールの回転量を瞬時に判断する。
  そして、回転量が多いと思ったらラケット面をやや上向きにする。
  回転量が少ないと思ったらラケットをやや立て気味にして打球する。

  つまり、相手ボールの回転量に応じて、自分のラケット面の角度を
  調節して打球するのである。
ツッツキの重要なポイント
  ツッツキの際には、必ず体をボールに寄せて打球する。
  つまり、体の近くで打球するわけだ。
  腰が逃げた状態で、手だけでツッツキをするのはいけない。
  これではツッツキが切れないしコントロールも良くない。
カットマンのツッツキ
  カットマンにとってツッツキは必要不可欠な技術である。

  カットマンは攻撃選手より台から離れて戦うので、台上の短いボールに
  対しては、大きく足を踏み込んでツッツキをする。
  その際には、フォアでもバックでも必ず利き足を踏み込むようにする。

  つまり、右利きであれば右足を、左利きであれば左足を大きく前に
  踏み込んでツッツキをするのだ。
  踏み込むことで、打球タイミングがとりやすくなる。
  また、踏み込み足を蹴り足にすることで、後ろへの戻りが楽になる。

  ちなみに、踏み込む足の位置は、自分が打球する場所と同じ。
  これは、攻撃選手のツッツキと同じである。
  つまり、打球するポイントに、しっかりと足を運んでツッツキをすると
  いうことだ。

  ツッツキの打ち方も攻撃選手と同じで、ラケットをショートスイングで
  前に出すように打球する。
  ラケットの戻しはできるだけ素早く行うこと。
カットマンのツッツキのポイント
  攻撃選手の場合と異なり、フォアとバックのツッツキはすべて利き足を
  踏み込んで行うようにする。
  たとえば、右利きであれば右足を踏み込んでツッツキをし、打球後は
  その右足を蹴り足にして基本姿勢に戻る。

  これを一球一球繰り返すことが基本である。
HOMEマンガ制作Illustration卓球お役立ち情報FriendsLinkSiteMap
マンガ制作のとんぼスタジオ
All Copyright(C)tatsuo takahashi
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁じます。