絶対に卓球が上手くなりたいと日々努力している卓球仲間のために
前陣速攻型の戦術
卓球がメチャうまくなる!卓球上級編卓球の戦型メンタル面の強化卓球の基本姿勢
前陣速攻型の
戦術
ドライブ
主戦型の戦術
守備型の戦術
 上級者の
サービス
 上級者の
レシーブ
 
 HOME卓球がメチャうまくなる卓球上級編>前陣速攻型の戦術
髙橋達央の似顔絵
卓球の技術
卓球上級編
 前陣速攻型の戦術
 ドライブ攻撃型戦術
 守備型の戦術
 上級者のサービス
 上級者のレシーブ

卓球の戦型

メンタル面の強化

卓球の基本姿勢
卓球の基礎
 フォアハンド
 バックハンド
 ツッツキ
 ショート

サービス
 下回転サービス
 上回転サービス
 ナックルサービス
 横回転サービス
 横上回転サービス
 横下回転サービス

 レシーブ
 スマッシュ
 フォアハンド
  ドライブ

 バックハンド
  ドライブ


カット
 フォアカット
 バックカット

卓球の用具
 ラケット
 ラバー
 用具その他

マンガ家・高橋達央のオフィシャルサイト
4コマ漫画制作/「ピンポンぱん」
電子コミック制作/「きらめく星座」
卓球王国復活だ!がんばれ!!ニッポン!!
卓球マンガ/「きらめく星座」
卓球漫画/「花丸たっきゅう」
キーワード夢占い
漫画制作のとんぼスタジオ
自分史
あなたの文書をマンガ化いたします
イベント漫画
ペットの似顔絵
感謝状ハガキ/還暦
マンガ制作について
マンガでわかる礼文町の歴史/北海道礼文町教育委員会
広告マンガのサンプル1
漫画の制作講座
マンガ制作単行本/「電気回路」
単行本漫画制作/「太陽電池」
ペンの裏面打法の打ち方
対ドライブ主戦型の戦術
 台から下がると、相手は得意のドライブで左右に打ち
 分けてくる。
 こうなると相手ペースで試合が展開するので苦しく
 なってしまう。
 この展開は避けたいので、できるだけ前陣でボールを
 さばくようにしよう。

 エンドラインの近くで戦い続けることが前陣速攻型の
 スタイルなので、苦しくても台から下がらないで戦い
 続けること。
対前陣速攻型の戦術
 同じ前陣速攻型同士の戦いでは、相手に先にミート打ち
 をさせないようにすること。
 また、コース取りやタイミングに変化をつけ、先に甘い
 ボールを打たせておいて、それを狙い打ちすると良い。
対カット主戦型の戦術
 カットマンに対しては、前後の揺さぶりが有効である。
 相手が後ろに下がっていたら、ストップなどで短く
 攻めること。
 逆に、相手が前に出ているときは、相手のミドルに
 スマッシュを打つようにする。
 カットマンの弱点はミドルである。
フォア前を制する戦い方
 前陣速攻型の選手は台上プレーで先手をとれるかどうか
 が重要で、これによって、その後のラリー展開が大きく
 変わってくる。
 先手を取れば自分主導で展開することができる。
 しかし、台上プレーが上手くいかず、先に相手の攻撃を
 受ける展開になったら、得点することが極めて困難で ある。

 先手をとるにはフォア前の処理が重要で、そのためには
 フォア前処理のための多彩な技術を覚えることだ。
 たとえばストップ技術や流し打ちやフリックなど。
フォア前処理のポイント
 フォア前処理では、体をボールに近づけて打球する
 ことが重要だ。
 そのためにはボールのコースや質を瞬時に判断し、
 素早く打球位置に移動しなければならない。

 体とボールが離れすぎていると肘に余裕がなくなり、
 平凡な打球になってしまうので気をつけよう。
ストップの技術
 まず素早く右足(右利きの場合)を踏み込んで、体を
 ボールに寄せる。
 次に、目線をボールに近づけながらボールの下に
 ラケットを入れる。
 そして、ボールの回転とスピードを吸収するように
 して、バウンド直後をインパクトする。
流し打ちの技術
 まずラケットをオープンフェイスにして、ボールに
 近づくこと。
 オープンフェイスとはラケット面を外側に向けること。
 この状態でラケットを右から左へ動かしボールの左側を
 こする。
 そして体の向きとは逆に、ボールは相手のバックサイド
 を切っていく
クロスへのフリック
 手首の力を抜きラケットをオープンフェイスに構える。
 そして、バウンド後の頂点を強く弾く。
 その際には、手首をしっかりと返しコンパクトに振る
 ことが大事だ。
ストレートへのフリック
 手首の力を抜いてラケットをオープンフェイスに構え、
 手首をあまり返さずボールの頂点をインパクトする。
 その際に、ラケットを押し出すようにコンパクトに
 スイングする。
フリックのコツ
 フリックでコースを打ち分けるコツは手首の返し方に
 ある。
 打球前にオープンフェイスを作るところまでは同じ
 だが、クロスへ打つ場合は手首を強く返すようにする。
 また、ストレートに打つ場合には手首を前に動かす
 ようにする。
バック前を制する戦い方
 バック前のボール処理は足を一歩動かすだけで届く
 ので、ラケットに当てるだけなら簡単。
 しかし、ペングリップはフォアで強打できないという
 弱点もある。
 つまり、相手にとっては、強打されない分だけ脅威が
 少なくなる。

 このボールを、いつもツッツキで返しているようでは
 いけない。
 そのためには工夫が必要で、参考となる技術には
 ストップやフォアの逆回転のツッツキやフリックなどが
 ある。
バック前処理のポイント
 バック前を上手に処理するためには、まず相手に攻撃
 するぞという姿勢を見せることだ。

 たとえば、右利きの選手なら、左肩前の体勢を作って
 モーションを起こせば、相手は瞬間的に守りの姿勢に
 なってくれる。
 攻撃してくるな、と思うわけだ。
 その分だけ、相手に攻撃されにくくなる。
攻めのブロック
 ブロックは相手の強烈な攻撃を防ぐ技術でありながら、
 同時にチャンスを作り出す技でもある。
 そして、打たれ強く安定したブロックを覚えたら、次に
 攻撃的なブロックも身につけると良い。

 たとえば、バックブロックを右に曲げたり、左に曲げら
 れるようにしよう。
 カウンターブロックも攻撃的なブロックだ。

 また、ナックルブロックは相手の死に球を誘い、浮いた
 ボールを狙い打ちすることができる技術である。
バックブロックを右に曲げる
 まず、相手の打ったボールをよく見て、ラケット角度を
 合わせる。
 次にバウンド直後のボールに対して、ボールの左側(右
 利きの場合)をインパクトする。
 その際にはあまり強く当てすぎず、ボールの勢いを
 殺してこする感じ。
バックブロックを左に曲げる
 まず、相手の打ったボールをよく見て、ラケット角度を
 合わせる。
 次にバウンド直後のボールに対して、ボールの右側(右
 利きの場合)をインパクトする。

 その際にはあまり強く当てすぎず、ボールの勢いを
 殺して右側に流す感じでこする。
フォアのカウンターブロック
 相手ボールを良く見極め小さくバックスイングをとる。
 次に、鋭いスイングでボールを少しだけこする。
 その際にフォロースルーを小さくし、相手ボールの勢い
 に押されないようにしよう。

●カウンターブロックのコツ
 インパクトのときにボールの頭を少しだけこするように
 する。
 相手ドライブの勢いに押されそうなら、ボールの回転軸
 を外して少し横をこするようにすると良い。
フォアのナックルブロック
 まず相手ボールよ良く見極め小さくバックスイングをとる。
 次に、ボールを切り落とす感じでインパクトする。
 そして、やや下方向に小さくフォロースルーをとる。

●ナックルブロックのコツ
 ボールの右上を捕らえてラケットを上から切り落とし、
 さらに少し押すようにスイングする。
 ナックルブロックを受けた相手の返球は山なりになる
 ことが多く、それを狙い打ちする。
  |HOMEマンガ制作Illustration卓球情報FriendsLinkSiteMap
ロゴ
とんぼスタジオ

All Copyright(C) 2010 Tombo Studio
コンテンツの無断複製・改造・配布など著作権法に違反するすべての行為を禁ずる。