本文へスキップ

漫画制作ならプロの漫画家にお任せ下さい。広告や4コマ漫画やSNSなどあらゆるスタイルに対応し完成品は雑誌と同じレベルです。

マンガは広告と相性がよく活用することで様々な効果があります。漫画制作なら《とんぼスタジオ》にお任せ下さい。

以前の漫画は雑誌か単行本で読むくらいでしたが、今では様々な分野で広告として活用され毎日のように目にするようになりました。それほど漫画には活用効果があるということです。ここでは「漫画の効果」についてご紹介いたします。漫画を活用や制作のご参考にして下さい。

目次
1.漫画の特長
 1-1.絵にインパクトがある
 1-2.わかりやすい
 1-3.一見すると忘れない
 1-4.最後まで読める
2.漫画を活用するとどんな効果があるの?
 2-1.衆目を集めるのに効果的
 2-2.難しい内容でも理解できてしまう
 2-3.数ページ見ただけで大意がわかる
 2-4.温かい雰囲気を与える
3.まとめ
漫画の特長
絵にインパクトがある
漫画に出てくる登場人物たちの表情が豊かで、とても印象的です。また、登場人物の主人公に好感が持てるように描いてあるので、ちょっと見ただけでも見入ってしまいます。

わかりやすい
内容が分かりやすく情報がとても理解しやすいです。ストーリーに情報を織り込ませて作ってあるので、読み手は何も考えずただ読み切るだけで情報を理解してしまうのです。これはスゴイことです。

一見すると忘れない
子供のころに見た漫画を大人になっても覚えているように、一度見た漫画はとても印象的なのです。したがって、大事な情報を漫画で紹介するといつまでも忘れないでいてくれるのです。

最後まで読める
ストーリーの面白さと絵の面白さが合体したのが漫画であって、面白さが倍増されて最後まで楽しく読み切ることができます。
広告の見本/あしたの笑顔のために―山梨県行政書士会―
こうした「漫画の特長」は広告の趣旨と非常にマッチしています。ですから様々な広告に活用されて「効果」を発揮しているのです。
それでは漫画を活用してどのような効果があるのかご紹介しましょう。
漫画を活用するとどんな効果があるの?
衆目を集めるのに効果的
漫画はとてもインパクトがあるので、目につくとほとんどの人が注目してくれます。つまり、広告で最も大切な「視線のキャッチ」が漫画を使えば可能だということです。

難しい内容でも理解できてしまう
活字だけだと読まなくてもその情報を漫画化するだけで大勢の人が読んでくれます。しかも、ストーリーに織り込んで情報を提供するので、漫画を読んだだけで理解してくれるのです。大事な情報でどうしても知っていただきたいときには、漫画を活用することで目的が達成されます。

数ページを見ただけで大意がわかる
初めの数ページを見ただけで、その情報がどのような内容であるかがなんとなくわかってしまいます。広告マンガはそのように作ってあるからです。できるだけ難しい情報を入れないで、非常に重要なエキスだけを分かりやすく織り込んであるからです。しかも重要な情報は前の部分に入れてあります。それは、たとえ最後まで読んでくれない人がいても、初めの数ページさえ読んでくれれば大事なことが伝わるように構成してあるからです。

暖かい雰囲気を与える
広告のイメージはとても大事です。暖かい雰囲気を表現することも漫画の役割です。
漫画を使うとどんな効果が期待できるの?
まとめ
漫画の特長を活かして様々な利用が考えられます。広告に非常にマッチしたツールなので収益アップにも必ず貢献できると確信しています。
漫画はとても広告と相性が良く、様々な形で活用されています。企業内での印刷物や営業面での貢献度も大きく、最近ではSNSにも広く活用されるようになっています。ぜひ漫画を活用されて多くの方にアピールして下さい。そして、漫画のことならプロのとんぼスタジオにお任せ下さい。
制作作品のご紹介

お気軽にお問合せ下さい!
takataka1123@office.nethome.ne.jp
※お見積もりは無料です
xxxxx