本文へスキップ

漫画制作ならプロの漫画家にお任せ下さい。広告や企業向け、web、4コマ、SNSなどあらゆる「漫画」に対応いたします。

4コマ漫画制作

4コマ漫画は多くの新聞や雑誌に掲載されており、専門の商業誌もたくさん販売されています。それほど人気があり需要があるのです。少ないコマ数でも楽しめるのが一番の特長で、文学でいえば俳句のようなものです。

4コマは大人気
需要が多い
少ないコマ数でもインパクトがあるのでとても需要が多いです。紙面全体が明るくなり読者の視線を集めるので、広告のツールとしても抜群に優れています。

情報提供のために使うというより紙面の雰囲気作りのために用いることが多いでしょう。活字だけの紙面に4コマがあるとホッとします。清涼飲料水のような存在でしょうか。


制作費が安く費用対効果が高い
また、制作費が安いということも多用される理由でしょう。少ない費用で大きな効果が期待できるわけですから、需要が多いのも納得です。
どうやって描くの?
@アイデアを練る
複雑な話は避けて短く面白いアイデアを出してみます。

A起承転結で4つのコマを並べてみる
アイデアにストーリーを付けて起承転結になるように物語を作ります。この段階でラフを作っても良いでしょう。

B客観的な視点で「面白い」かどうか判断する
作った話が面白くなかったら面白くなるように修正し、納得がいくまで何度でも直します。

C下描き

ラフを作り下描きをします。

D完成
下描きにペンを入れ、着色をして修正を施したら完成です。

4コマについて
漫画の基本です。たった4コマでも、読者を感動させたり納得させることができます。文学でいえば俳句のようなものです。必要最小限のコマに起承転結を入れてストーリーを作ります。

プロの漫画家にとっては基本中の基本で、長編漫画のエキスがすべて凝縮されています。
 とんぼスタジオの4コマ制作
全員がプロの漫画家なので4コマが得意
「とんぼスタジオ」のスタッフは全員がプロの漫画家なので、全員が4コマに精通しており得意です。


短時間で作れる
4コマ漫画は短時間で作れるので、ちょっとした空き時間に楽しみながら描くこともできます。しかし、俳句のように奥が深く、同じテーマを描いても漫画家によって十人十色です。
漫画家を目指したいなら4コマ漫画をたくさん作ることをお薦めします。楽しみながら実力を養うことができますよ。
 4コマの見本
制作費が安い理由
●雑誌の原稿料と同じ料金設定だから制作費が安い
同業者さんは「広告制作費」として料金設定していますが当事務所では雑誌に掲載されたときの「原稿料」として制作費を設定しています。実は、広告代理店などの「広告制作費」はものすごく高く設定されているのです。一方、出版社の雑誌掲載料はとても安いものです。
 
つまり、「とんぼスタジオ」は出版社と同じ設定だから安いのです。

 とんぼスタジオ

 〒178-0062
 東京都練馬区大泉町1-15-7
  TEL.03-6760-0230
  FAX.03-5934-3855

xxxxx