本文へスキップ

漫画制作で使われる業界用語を知っておくと何かと便利です。

電話でのお問合せはTEL.03-0670-0230

〒178-0062 東京都練馬区大泉町1-15-7

漫画を制作し印刷するには、業界で使われる専門用語を知っておくと便利です。 データのキャッチボールや情報伝達には、必ずといってよいほど専門用語が使われます。そうした用語を詳しく解説いたしますのでぜひお役立て下さい。

校了
校正が終わって、本刷の許可が出ることを「校了」といい、このデータを元にして印刷作業に入ります。ちなみに、その時の校正刷りを「校了紙」と呼んでいます。その後に修正があったとして、修正後は印刷会社の判断で本刷に入ることが許可されることを「責了(責任校了)」といいます。そして、その時の校正刷りが「責了紙」です。

原稿を印刷するまでに校正は2度、3度と何回も繰り返され、もう修正箇所はないという状態まで行われます。修正が残ったままで印刷されることはなく、最後の校正という意味で「校了」と呼んでいます。
参考ページ→
 校正
 色校正
 誤植
 下版日 
 締め切り
 自分史漫画を印刷する
 社史漫画を印刷する
 とんぼスタジオの漫画制作費
 制作費の目安
 シナリオ
 擬人化
 年末校了
 級数


あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行



 お気軽にお問合せ下さい!

とんぼスタジオ

〒178-0062
東京都練馬区大泉町1-15-7
 TEL.03-6760-0230
 FAX.03-5934-3855